個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/Shower

投稿日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが、2007年にはハリウッド・ロック・ウォークへの殿堂入りも果たしています。もちろん、この殿堂入りは『B’z』が日本初。

まさに、ロックの本場でお墨付きをいただいた日本を代表するロックバンドと言えるでしょう。

今回は、『B’z』の個別楽曲、『Shower』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

『Shower』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名Shower
演奏時間4:37
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 稲葉浩志 & 徳永暁人

『Shower』収録アルバム

アルバム名トラック#
SURVIVE11

オリジナルアルバム『SURVIVE』の11曲目収録。

※『Shower』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Shower(シャワー)』と言えば、お風呂で浴びるあの”シャワー”のことを連想しますよね。実際、”Shower”という単語にはいわゆる”シャワー”の意味もあります。

しかし、本作『Shower』について言えば、そちらの”シャワー”の意味ではないように思われます。歌詞の内容から察するに、おそらく“にわか雨”の意味で『Shower』という曲名がつけられたと考えるのが妥当でしょう。

そう、本作『Shower』、”雨”を背景に”別れ”を歌ったしっとり系のバラード作品となっています。

“別れ”という重いテーマながらも、イントロなどで聴けるエレキピアノのやわらかな音のおかげで、聴き心地的に深刻さはそこまでありません。『Shower(にわか雨)』という曲名がついていますが、楽曲の雰囲気的には”しとしと降る細雨”の方がイメージに近いかもしれませんね。

また、本作『Shower』の特徴的なところもイントロにあります。なんと、『B’z』には珍しくイントロにBメロのメロディーが使われているのです。

サビのメロディーをイントロに使うというのはよくあるパターンですよね。ヒット作の『愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない』や『BLOWIN’』なんかはイントロの中にサビのメロディーをはっきり聴き取ることができます。

一方、本作『Shower』はサビではなくBメロのメロディーがイントロに使われているということで、やはりBメロが印象的な楽曲だったりします(「目が覚めて…」のところ)。同じ高さの音を連続させるタイプのメロディーになっており、稲葉の囁くような歌い方も相まって非常に印象的。

もちろん本作『Shower』にはサビにあたる部分があるのですが、印象度という意味ではBメロの方がこの楽曲の顔と言えるかもしれません。

『Shower』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/MOTEL

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/真珠色の革命時代(Pearl Light Of Revolution)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/男心と秋の空

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/パンドラボックス

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Vanity

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。