個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/ZERO

投稿日:2019年3月5日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

今回は、『B’z』の個別楽曲、『ZERO』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

calculator

『ZERO』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名ZERO
演奏時間4:50
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 明石昌夫

11thシングルのA面曲。売上枚数約131万枚のミリオンヒット作品。

このシングルのカップリング曲はファン人気の高い『恋心 (KOI-GOKORO)』が収録されています。

『ZERO』収録アルバム

アルバム名トラック#
RUN2
B’z The Best “Pleasure”4
B’z The Best “ULTRA Pleasure” (The First RUN)6
B’z The Best XXV 1988-1998 (DISC1)11

オリジナルアルバム『RUN』の2曲目に収録。

※『ZERO』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

デビュー以来ダンス系のリズムに乗せたキャッチーな楽曲をリリースし続けた『B’z』ですが、11thシングルにてかなりロック色の強い楽曲が登場しました。

それが本作『ZERO』です。

上述の背景もあり、『B’z』のロックな楽曲の代表作の一つに数えられる本作『ZERO』。かなり激しい楽曲という印象がありますが、BPMは100台と、テンポ面は意外とゆったり

高速なスピード感で煽り倒す楽曲というより、腰を据えたヘビーなリズムで攻める楽曲という感じですね。

ただ、サビで聴けるメロディーに詰め込んだ歌詞とか、途中で入るラップなんかが早口っぽい印象を与えるせいか、決して気怠い聴き心地ではありません。上述の通り、BPM100台というゆったりなテンポに“意外と”という枕詞がつくほどです。

当時の『B’z』としては異色の作品であり、かつ、ドラマやCMのタイアップも付いていないシングルでしたが、結果は当然のようにミリオンヒット。

今振り返ってみれば、『B’z』というバンドが人気と楽曲パワーの両面でトップアーティストとしての地位を確固たるものにしたのが本作『ZERO』のタイミングだったと考えられるのではないでしょうか。

『ZERO』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/Lovers change fighters, cool

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/Reue

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ICHIDAIJI

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Here and everywhere

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】hide/CRIME OF BREEN St.

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。