個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Balloon Balloon

投稿日:2019年6月9日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

今回は、アルバム『9999』の9曲目、『Balloon Balloon』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

balloons

『Balloon Balloon』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Balloon Balloon
演奏時間4:12
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『Balloon Balloon』収録アルバム

アルバム名トラック#
99999

オリジナルアルバム『9999』の9曲目に収録。

※『Balloon Balloon』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『9999』収録曲の内、配信シングルなどの既出曲を除くと、純粋な新曲(いわゆるアルバム曲)というのはだいたい半数くらいでしょうか。

そんなアルバム曲の中で、個人的に一番惹かれたのが本作『Balloon Balloon』です。

本作『Balloon Balloon』を初めて聴いたとき、私は『The Rolling Stones』の『Paint It, Black』を思い出しました。

マイナー調バリバリなメロディーとか、迫るようなリズムの取り方とか、本作『Balloon Balloon』のかっこよさは『Paint It, Black』を聴いたときに感じたかっこよさに近いと感じたんですよね。

アルバム『9999』は洋楽のオマージュを感じる作品がいくつかあるので、もしかしたら本作『Balloon Balloon』にはイエモン側が意図的に『Paint It, Black』のエッセンスを取り入れているのかもしれません。

そして、本作『Balloon Balloon』、なんといっても「膨らんで…」のキャッチーなパートが耳に残ります。

曲が始まってから状況描写のような少々小難しい歌詞が続くので、”疾走感が気持ちいいけど、ちょっと覚えにくい曲かな…”なんて感じていたところ、まるでリスナーの心を読むかのようにこのキャッチーなフレーズが現れるんですよね。

この隙が無い展開には完全ノックアウトです。

「膨らんで…」のキャッチーなフレーズがあるおかげで、他の曲との区別は一発でつくようになります 笑。

バルン!バルン!

『Balloon Balloon』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/花吹雪

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Rescue me

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 1996年にデビューし、2016年に20周年を迎えました。 2000年前後ほどの派手なヒットはありませんが …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/恋愛スピリッツ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/ANUBIS

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAD SKY -鋼鉄の救世主-

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。