個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Balloon Balloon

投稿日:2019年6月9日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

今回は、アルバム『9999』の9曲目、『Balloon Balloon』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

balloons

『Balloon Balloon』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名Balloon Balloon
演奏時間4:12
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『Balloon Balloon』収録アルバム

アルバム名トラック#
99999

オリジナルアルバム『9999』の9曲目に収録。

※『Balloon Balloon』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『9999』収録曲の内、配信シングルなどの既出曲を除くと、純粋な新曲(いわゆるアルバム曲)というのはだいたい半数くらいでしょうか。

そんなアルバム曲の中で、個人的に一番惹かれたのが本作『Balloon Balloon』です。

本作『Balloon Balloon』を初めて聴いたとき、私は『The Rolling Stones』の『Paint It, Black』を思い出しました。

マイナー調バリバリなメロディーとか、迫るようなリズムの取り方とか、本作『Balloon Balloon』のかっこよさは『Paint It, Black』を聴いたときに感じたかっこよさに近いと感じたんですよね。

アルバム『9999』は洋楽のオマージュを感じる作品がいくつかあるので、もしかしたら本作『Balloon Balloon』にはイエモン側が意図的に『Paint It, Black』のエッセンスを取り入れているのかもしれません。

そして、本作『Balloon Balloon』、なんといっても「膨らんで…」のキャッチーなパートが耳に残ります。

曲が始まってから状況描写のような少々小難しい歌詞が続くので、”疾走感が気持ちいいけど、ちょっと覚えにくい曲かな…”なんて感じていたところ、まるでリスナーの心を読むかのようにこのキャッチーなフレーズが現れるんですよね。

この隙が無い展開には完全ノックアウトです。

「膨らんで…」のキャッチーなフレーズがあるおかげで、他の曲との区別は一発でつくようになります 笑。

バルン!バルン!

『Balloon Balloon』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Stranger

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/STONE BUTTERFLY

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/You & I

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/おはようオーパーツ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】PEDRO/ハッピーに生きてくれ

“楽器を持たないパンクバンド”がキャッチコピーのアイドルグループ『BiSH』。そのメンバーの一人であるアユニ・Dのソロプロジェクトが『PEDRO』です。 アイドルのソロとしては …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。