個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/BLUE SKY COMPLEX

投稿日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、個別楽曲『BLUE SKY COMPLEX』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

『BLUE SKY COMPLEX』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名BLUE SKY COMPLEX
演奏時間5:35
作詞hide
作曲hide
編曲hide

『BLUE SKY COMPLEX』収録アルバム

アルバム名トラック#
HIDE YOUR FACE11

オリジナルアルバム『HIDE YOUR FACE』の11曲目に収録。

※『BLUE SKY COMPLEX』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ビビッドな音色のシンセが印象的な1曲、『BLUE SKY COMPLEX』。

個人的にはこの音色に初期『B’z』を連想しました。かなり露骨な例ですが、例えば『LADY NAVIGATION』とか。

アルバム『HIDE YOUR FACE』がリリースされた90年代前半は派手なシンセの音が流行っていたのでしょうかね。

実際のところ、『hide』が派手なシンセを楽曲に取り入れるのは珍しいのですが、本作『BLUE SKY COMPLEX』は当時の流行りに乗っかってみたのかもしれません。

そんな耳当たりのいいアレンジが施されている中、『BLUE SKY COMPLEX(青空コンプレックス)』と名付けられている通り、割とインドア寄りな内容が歌われています。

無条件に礼賛されがちな太陽という存在ですが、それに対して”NO”を突き付けるという『hide』らしい皮肉が込められた歌詞ですね。特に「blue sky」と「ウルサイ」で韻を踏んでいる1番のAメロが、響き的にも皮肉的にも気持ちいいです。

“青空コンプレックス”とまでは言わないとしても、どちらかと言えば夜型かな…なんて思う方なら、本作『BLUE SKY COMPLEX』の内容に共感できるのではないでしょうか。

夜型だという自覚のある方は、是非お試しあれ。

Amazonで試聴できます。

『BLUE SKY COMPLEX』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/少女のつづき

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/KEY WORD

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ホワイトワルツ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Fighting Spirit

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/PROLOGUE (〜WORLD ANTHEM)

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。