アルバムレビュー

【アルバムレビュー】hide/HIDE YOUR FACE

投稿日:2019年11月13日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、『hide』のアルバム、『HIDE YOUR FACE』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

『HIDE YOUR FACE』の全体概要

アーティストhide
アルバム名HIDE YOUR FACE
発売日1994/2/23
収録曲数16
演奏時間78:51

『hide』ソロ作品における1stアルバム。

演奏時間はトータルで78:51。東海道線で、東京・小田原間くらいの時間です。

レビュー

『HIDE YOUR FACE』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1PSYCHOMMUNITY★★★☆☆3
2DICE★★★★★5
3SCANNER★★★★☆4
4EYES LOVE YOU (T.T.VERSION)★★★★☆4
5D.O.D. [DRINK OR DIE]★★★★☆4
6CRIME OF BREEN St.★★☆☆☆2
7DOUBT (REMIX VERSION)★★★★☆4
8A STORY★★★☆☆3
9FROZEN BUG ’93 (DIGGERS VERSION)★★★★☆4
10T.T.GROOVE★★☆☆☆2
11BLUE SKY COMPLEX★★★★☆4
12OBLAAT (REMIX VERSION)★★★★☆4
13TELL ME★★★★☆4
14HONEY BLADE★★★★☆4
1550%&50% (CRISTAL LAKE VERSION)★★★☆☆3
16 PSYCHOMMUNITY EXIT ★★☆☆☆2

『X JAPAN』のギタリスト『hide』のソロアルバムということもあってか、インスト曲が多いです(#1、#6、#10、#16)。

曲名に度々出てくる”T.T.”という文字列ですが、本作『HIDE YOUR FACE』のレコーディングに参加した海外ミュージシャンTerry John BozzioとTM Stevensが由来と思われます。

※『HIDE YOUR FACE』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『HIDE YOUR FACE』全体の感想

『hide』のソロ1stアルバム『HIDE YOUR FACE』。

アルバムの読み方は“ハイドユアフェイス”です。”ヒデユアフェイス”ではありません 笑。もちろん、アルバム名に使われている”ハイド(HIDE/隠す)”という英単語は”ヒデ(hide)”の名前とかけているのでしょうけど。

『HIDE YOUR FACE』というアルバム名、直訳すると“顔を隠せ”といったところでしょうか。

当事『X JAPAN』のギタリストとして既に名を馳せていた『hide』ですが、この『HIDE YOUR FACE(顔を隠せ)』というアルバム名には”『X JAPAN』のギタリスト”という先入観なしに、『hide』という一人のアーティストとして作品を聴いてほしいという思いが込められている気がします。

事実、本作『HIDE YOUR FACE』には『X JAPAN』のアルバムでは聴くことのできないタイプの楽曲でいっぱいです。ポップでキャッチーで遊び心に溢れ、それでいて皮肉の利いた歌詞。まさに『hide』の表現したい世界観の詰まった1枚でしょう。

アルバム全体の統一感や個々の楽曲の完成度の高さという意味では次作『PSYENCE』に軍配が上がるように思いますが、本作『HIDE YOUR FACE』に漂う“やりたいこと全部詰め込みました!”感はこのアルバムでしか味わえない魅力ですよね。

『HIDE YOUR FACE』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】GLAY/ONE LOVE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【アルバムレビュー】LUNA SEA/SINGLES

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/大正義

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【アルバムレビュー】PIERROT/FINALE

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【アルバムレビュー】X JAPAN/Vanishing Vision

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。