アルバムレビュー

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/骨抜き E.P

投稿日:2017年3月9日 更新日:

2017年、ブレイク間違いなしのバンド、『ポルカドットスティングレイ』!!

女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドです。

一時期GoogleのCMにも出演していましたね。そのときは井上陽水のカバーを歌ってました。

 

今回は、彼女たちのアルバム『骨抜き E.P』のレビューです。

 

vison-borad

 

全体概要

基本情報

アーティスト ポルカドットスティングレイ
アルバム名 骨抜き E.P
発売日 2016/11/9

インターネットの海の中でポルカドットスティングレイに出会ったのは、この『骨抜きE.P』が世に出る少し前でした。

 

収録曲

収録曲の一覧です。

# 曲名 演奏時間
1 ハルシオン 3:53
2 心ここに在らず 5:00
3 人魚 3:35
4 テレキャスター・ストライプ 3:53

演奏時間はトータルで16:21です。山手線外回りで、東京・大崎間くらいの時間です。

本ブログでは『骨抜き E.P』をアルバムのカテゴリーとして扱っていますが、公式はシングルでもアルバムでもなく”E.P”として扱っているようです。E.Pってなんだ?

いずれにせよ、アルバム1枚を通してじっくり聴くというより、好きな曲をつまみ食いするような聴き方になりそうです。

 

『骨抜きE.P』収録曲のMV

#3 人魚

 

#4 テレキャスター・ストライプ

 

レビュー

テンションメーター

アルバムを通して聞いた時のテンションはこんな感じでした。5段階評価で各曲のテンションを可視化してみます。

# 曲名 テンションメーター
1 ハルシオン           5
2 心ここに在らず           3
3 人魚           4
4 テレキャスター・ストライプ           5

『心ここに在らず』は、正直あんまり刺さりませんでしたが、他の3曲は大好きです。ポルカドットスティングレイの魅力が詰まった仕上がりです!

 

総評

『骨抜き E.P』の一つ前のアルバム、『極彩』と比較して”よりプロっぽい音”になった感じがします。マスタリングやミキシングの違いでしょうか。

 

『骨抜き E.P』に収録されている曲、いずれもサビが下降するメロディーになっている印象を受けました。サビの始まりの最初の一音目(もしくは二音目)が裏声を使うほど高い音になっていて、それが耳に残る感じです。特に#1、#2はそうですね。

 

あと、やっぱり右チャンネルのギターが『骨抜き E.P』でもツボに入りました!引き出し多いな~。聴く度に新しい発見があって、何度も繰り返し聴いてしまいます!

MVがyoutubeに上がっていない曲も、Amazonで視聴できます。

 

ということで、次は、『骨抜きE.P』に収録されている各個別楽曲をレビューしていきたいと思います!

『骨抜きE.P』の個別楽曲レビューはこちらからどうぞ

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ハルシオン

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/心ここに在らず

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/人魚

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/テレキャスター・ストライプ

 

ポルカッドットスティングレイのアルバムのレビュー、他にもやってます!

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/極彩

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/大正義

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/全知全能

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/一大事

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】MALICE MIZER/merveilles

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/FOUR SEASONS

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【アルバムレビュー】GLAY/HEAVY GAUGE

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【アルバムレビュー】PIERROT/CELLULOID

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/全知全能

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。