個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/夜明けのオレンジ

投稿日:2017年3月8日 更新日:

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!!

女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドです。

今回は『夜明けのオレンジ』の個別楽曲レビューです。

※『ポルカドットスティングレイ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポルカドットスティングレイ

yoake

『夜明けのオレンジ』の全体概要

基本情報

アーティストポルカドットスティングレイ
曲名夜明けのオレンジ
演奏時間3:25
作詞
作曲
編曲ポルカドットスティングレイ

『極彩』の中で一番演奏時間の短い曲です。アルバム『極彩』は作詞・作曲とも全てボーカルの雫が担当しているようです。

『夜明けのオレンジ』収録アルバム

アルバム名トラック#
極彩2
大正義6
全知全能7

『極彩』の3曲目です。『極彩』は全3曲収録なので、本作『夜明けのオレンジ』が最後のトラックになります。

『大正義』収録のほうは”大正義 ver.”で、『極彩』収録のもとは微妙にアレンジが異なっています。なお、『大正義』収録の『夜明けのオレンジ』はCDのみのボーナストラック扱いです。

さらに、1stフルアルバム『全知全能』には”全知全能 ver.”で収録。

※『夜明けのオレンジ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲の構成がおもしろいですね!ワンコーラスが”Aメロ→Bメロ→サビ→Bメロ”で1セットになっています。サビの後にもう一度Bメロを繰り返しているのが珍しいです。そのせいか、ちょっとサビの印象が薄まっているように思います。

ただ、サビが目立てば正義ってわけではないとも思ってます。サビの目立つ曲は第一印象はいい代わりに飽きやすいという面もありますし。

表現は正しくないかもしれませんが、サビが目立たないけどかっこいい曲って、洋楽っぽくてちょっとおしゃれな感じがしません?

曲の最後はAメロで締めてるのもおもしろい!

サビよりも印象的なのは、イントロ等で流れる右チャンネルのギターではないでしょうか?ある種不気味な音色とフレーズがやけに耳に残ります。

『ポルカドットスティングレイ』は、どの曲も右チャンネルのギターが楽曲の個性を出すのに大きな役割を持っていますね。

ワンコーラスの中でサビを挟んで2回出てくるBメロですが、ここはベースが聴きどころです!歌うようなベースがいいですね。

2番のサビ前Bメロは、ここだけ他のBメロとリズムパターンを大きく変えていて、リスナーを飽きさせない工夫を感じます。

メロディーへの言葉の載せ方もおもしろいです。

Aメロによく出てくるフレーズですが、小さい”つ”に1音割かない載せ方、けっこう好きです。小さい”つ”に1音当ててしまうと、日本語の持つもともとのリズムが崩れちゃって、聴いてて美しくないんですよね。

この曲では、他にも、”ん”の使い方や”ア行”の使い方が上手で、作詞作曲の際には結構メロディーへの言葉の載せ方にこだわっているんじゃないでしょうか。

こういった“言葉とメロディーの組み合わせ”に注意して聴いてみるのと、本作 『夜明けのオレンジ』 がより一層楽しんで聴けると思います。

『夜明けのオレンジ』収録アルバムレビューリンク

※『ポルカドットスティングレイ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポルカドットスティングレイ

-個別楽曲レビュー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/脳内モルヒネ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/四角革命

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/S-CONSCIOUS

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/motto

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/夏の幻

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。