個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/Suck me!

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『Suck me!』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『Suck me!』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名Suck me!
演奏時間2:53
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢

8thシングル『Like @ Angel』のカップリング曲。

『Suck me!』収録アルバム

アルバム名トラック#
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【HARD DISK】8
黒夢コンプリート・シングルズ (B-disc)9

カップリング曲ながら、いくつかのベストアルバムに収録されています。

※『Suck me!』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『Suck me!』という曲名通り、本作はド直球下ネタソングとなっております。

『黒夢』初期のアンダーグラウンドなエログロ路線と違い、もう少し明るい下ネタという感じ(まぁ、それでも十分どぎつい表現はありますが 笑)。本作『Suck me!』のやんちゃなロッケンローラー的雰囲気は、初期『黒夢』では聴けなかったであろうノリですね。

本作『Suck me!』、流れとしてはアルバム『FAKE STAR〜I’M JUST A JAPANESE FAKE ROCKER〜』の後にリリースされたシングルです。やはり、このアルバムで吹っ切れたものがあったのでしょうか。

A面の『Like @ Angel』とともに、『黒夢』の路線がやんちゃ方面に大きく舵を切っていく様子がうかがえますね。

『黒夢コンプリート・シングルズ』のB-discを聴くとわかりますが、本作『Suck me!』の後のカップリング曲は堰を切ったかのように激しい曲が続きます。

この辺の楽曲はベストアルバム『EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 』にもがっつり収録されていますし、『黒夢』としても自信のある部分なんだと思います。

Amazonで試聴できます。

『Suck me!』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/HAPPINESS

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/SADISTIC DESIRE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Endless Desire

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ラスカ

ギターボーカル担当の川谷絵音の不倫だったり、ドラム担当のほな・いこかが「さとうほなみ」名義で女優デビューしたりと、音楽面よりメンバーの素行が注目されてしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』 注目のされ方 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Shout at the Devil

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。