個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】B’z/いつかのメリークリスマス

投稿日:2019年7月9日 更新日:

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。

『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録は最もインパクトのあるものではないでしょうか。

シンプルに、日本の歴史上最もCDを売り上げたアーティストが、この『B’z』というバンドなのです…!

CDという媒体自体が売れない時代になった今、この記録を塗り替えるアーティストが現れることはないかもしれませんね…。

今回は、『B’z』の個別楽曲、『いつかのメリークリスマス』のレビューです。

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

christmas

『いつかのメリークリスマス』の全体概要

基本情報

アーティストB’z
曲名いつかのメリークリスマス
演奏時間5:36
作詞稲葉浩志
作曲松本孝弘
編曲松本孝弘 & 明石昌夫

『いつかのメリークリスマス』収録アルバム

アルバム名トラック#
FRIENDS2
B’z The Best “Treasure”13
The Ballads 〜Love & B’z〜1, 隠しトラック
B’z The Best “Pleasure II”6
B’z The Best “ULTRA Pleasure” (The First RUN)7

ミニアルバム『FRIENDS』の2曲目に収録。

『The Ballads 〜Love & B’z〜』の隠しトラックには別アレンジバージョン(名称不明)が、『B’z The Best “Pleasure II”』には”「恋するハニカミ!」バージョン”が収録されています。

非シングル曲ではありますが、ご覧の通りベストアルバムの常連です。

※『いつかのメリークリスマス』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

非シングル曲でありながらも絶大な人気と知名度を誇る作品が本作『いつかのメリークリスマス』。

『B’z』の20周年を記念してリリースされた『B’z The Best “ULTRA Pleasure”』に本作『いつかのメリークリスマス』が収録されているのですが、原曲アレンジのまま収録されているアルバム曲は実はこの楽曲が唯一だったりします。数あるミリオンヒットシングルすら押しのけて採用されてしまったこの事例こそ、本作『いつかのメリークリスマス』の人気の高さが別格であることを伺えるエピソードの一つだと思います。

さて、本作『いつかのメリークリスマス』ですが、この曲名通り、歌詞の内容は過去のクリスマスを回想したものになっています。

楽曲の冒頭からずっと回想シーンが続き、最後のサビが終わった後ワンフレーズだけ”現実”を歌うという構成なのですが、これが非常におしゃれですよね。幸せな過去の回想とのギャップを感じさせるかのような、意味深で余韻のあるこの締め方が本作『いつかのメリークリスマス』の人気の秘訣のような気がします。

最後に一つ。

“クリスマス当日の出来事”を歌うのではなく、”クリスマスの回想”をテーマにするなんて珍しいと思い、そっちの方向性を深堀してこの記事を書いていたのですが、途中である楽曲の存在を思い出してしましました。

…『Wham!』の『Last Christmas』です。

世界的なクリスマス定番楽曲が、既に”クリスマスの回想”をテーマしていましたよ。。。普通にメジャーなテーマだったじゃん! 泣

『いつかのメリークリスマス』収録アルバムレビューリンク

※『B’z』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/B’z

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Brownie the cat -魅惑の猫ルーム-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Marionette Fantasia

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/自■の理由

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 2006年突如解散してしまいましたが、最近になってライブを開催してみたりファンクラブを再始動させたりと …

【個別楽曲レビュー】hide/D.O.D. [DRINK OR DIE]

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/8cmのピンヒール

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。