個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN FUTURE

投稿日:2018年6月5日 更新日:

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。

再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの後継として『X JAPAN』に加入したことも大きな話題になりました。ヴィジュアル系の歴史を作った2大バンド両方に席を持つって、冷静に考えるとすごいことです。

今回は、『LUNA SEA』の楽曲、『IN FUTURE』のレビューです。

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

match

『IN FUTURE』の全体概要

基本情報

アーティストLUNA SEA
曲名IN FUTURE
演奏時間4:16
作詞LUNA SEA
作曲LUNA SEA
編曲LUNA SEA

『IN FUTURE』収録アルバム

アルバム名トラック#
MOTHER7
LUNA SEA COMPLETE BEST (Disc 3)1

オリジナルアルバム『MOTHER』の7曲目に収録。

ベストアルバム『LUNA SEA COMPLETE BEST』にも収録されていますが、Disc 3はASIA LIMITED EDITION限定です。

※『IN FUTURE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

高速ナンバーの『IN FUTURE』。心音で始まるオープニングが印象的。

高速ナンバーは『LUNA SEA』の得意分野で、インディーズ時代から存在しています。そのため、『IN FUTURE』が高速ナンバーであることは特筆すべき点というわけではありません。

『IN FUTURE』のポイントはやはり“洗練”ではないでしょうか。

インディーズ時代の乱暴さが際立つ高速ナンバーではなく、より大人な、洗練された高速ナンバー。アルバム『MOTHER』収録の『ROSIER』等にも言えますが、この段階まで来ることで辿り着いた新境地ですね。

本作『IN FUTURE』、イントロや間奏のバンド演奏が『オペラ座の怪人』に似ていますよね。

『オペラ座の怪人』といえば半音ずつ上がったり下がったりするオルガンの演奏が最も印象的な部分なんですが、本作『IN FUTURE』でも同じく半音ずつ上がったり下がったりする演奏があります。『オペラ座の怪人』の例のフレーズが印象的過ぎて、『IN FUTURE』を聴くとどうしてもちらついてしまいます。

ただ、パクリってほど真似ているわけでは無いんですよね。

むしろ、この半音上下運動こそ『IN FUTURE』の大切な個性だと思っています。なかなかクセになるフレーズで、たまに無性に『IN FUTURE』が聴きたくなるのはこの半音上下運動のせいでしょう 笑。

Amazonで試聴できます。

『IN FUTURE』収録アルバムレビューリンク

※『LUNA SEA』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/LUNA SEA

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/長いため息のように

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】hide/A STORY

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/SYMPTOM

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/Hello! Orange Sunshine

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Yes, Summerdays

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。