個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/Walkin’ on the edge

投稿日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『Walkin’ on the edge』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『Walkin’ on the edge』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名Walkin’ on the edge
演奏時間2:58
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢 & 是永巧一

7thシングル『ピストル』のカップリング曲。

『Walkin’ on the edge』収録アルバム

アルバム名トラック#
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【SOFT DISK】8
黒夢コンプリート・シングルズ (B-disc)8

カップリング曲ながら、いくつかのベストアルバムに収録されています。

※『Walkin’ on the edge』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

キャッチーなメロディーが印象的な1曲、『Walkin’ on the edge』。

『黒夢』には似つかわしくない形容ですが、本作『Walkin’ on the edge』は軽快でウキウキするメロディーを聴くことができます。特にBメロのウキウキ感は半端ないですね。

本作『Walkin’ on the edge』は7thシングル『ピストル』のカップリング曲ですが、上述の通りこの楽曲のメロディーが私にブッ刺さっておりまして、個人的にはA面の『ピストル』よりも『Walkin’ on the edge』の方が好きだったりします。

ただ、本作『Walkin’ on the edge』がシングルのA面を飾れるかというと、それはやっぱり違うような気はするんですよね。なんと言うのでしょう、メロディーはすごくいいんですけど、シングルA面を務められるほどの派手さが足りないように思います。

そういう意味では、やはり7thシングルのA面は『ピストル』で正解だったのでしょうね。

Amazonで試聴できます。

『Walkin’ on the edge』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ヒラヒラヒラク秘密ノ扉

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/ring

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ハナノユメ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/花葬

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/LOVERS ON BACKSTREET

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。