個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/カマキリ

投稿日:2020年2月6日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『カマキリ』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『カマキリ』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名カマキリ
演奏時間3:23
作詞清春
作曲人時
編曲黒夢 & 佐久間正英

初出はアルバム『feminism』の収録。

その後、10thシングル『Spray』のカップリング曲に”-1997 BURST VERSION-“として再録されました。

『カマキリ』収録アルバム

アルバム名トラック#
feminism12
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【HARD DISK】13
黒夢コンプリート・シングルズ (B-disc)11

アルバム『feminism』の12曲目に収録。

『EMI 1994〜1998 BEST OR WORST』、『黒夢コンプリート・シングルズ』には『Spray』のカップリング曲となった”-1997 BURST VERSION-“が収録されています。

※『カマキリ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

所属レーベルの東芝EMIを強烈に皮肉った1曲が本作『カマキリ』。

とにかく『カマキリ』という4文字の曲名が非常に印象的ですよね。初出はアルバム『feminism』ですが、ずらっと並んだアルバム収録曲名の中でもひときわ存在感のある字面です。

『カマキリ』という4文字を見ると、嫌でもあの攻撃的でグロテスクな昆虫の姿が頭に浮かんできます。このように、”文字を見ただけで具体的なイメージが描かれる”というのが『カマキリ』という曲名の印象深さの理由でしょうか。

そんな本作『カマキリ』、曲中では”大事なものを無慈悲に奪い去っていく存在”として描かれています。

楽曲の端々で匂わされている商業主義への嫌悪感から、『カマキリ』=”東芝EMI”の比喩と考えるのが妥当でしょう。そんな『カマキリ』の「獲物」は”『黒夢』の楽曲”といったところでしょうか。

大切な楽曲を商業主義的都合で振り回す東芝EMIを「獲物」をむさぼる『カマキリ』として例える皮肉。本作『カマキリ』にはそんな訴えが込められているように思います。

本作『カマキリ』ですが、アルバム『feminism』のリリースから約2年後、”-1997 BURST VERSION-“として10thシングル『Spray』のカップリング曲に再録されました。

こちらは『カマキリ』という文字の持つ強烈な印象をそのまま音にしたかのような、手加減抜きの攻撃性を楽しめます。そういう意味では、”-1997 BURST VERSION-“の方が原曲よりも”『カマキリ』らしい”と言えるかもしれませんね。

Amazonで試聴できます。

『カマキリ』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/花葬

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/CAN’T STOP CRYIN’

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 元々3人組のバンド …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Changes Far Away

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/今夜はトゥナイト

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】hide/TELL ME

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。