個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SO YOUNG

投稿日:2017年4月19日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!!

復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていってほしいです。

一見ふざけているようで、でも実は芯を捉えた歌詞も魅力の一つですね。下手にかっこつけてない言葉だからこそ、胸にとっても響きます。

今回は、『THE YELLOW MONKEY』の個別楽曲、『SO YOUNG』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

young

『SO YOUNG』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名SO YOUNG
演奏時間5:12
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

18thシングル。

『SO YOUNG』収録アルバム

アルバム名トラック#
8 (初回限定盤 Bonus CD)2
GOLDEN YEARS Singles 1996-20017
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 2)13
イエモン-FAN’S BEST SELECTION-11
THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST11

アルバム『8』には”初回限定盤 Bonus CD”という形で収録されています。

※『SO YOUNG』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『THE YELLOW MONKEY』なりの青春を歌った『SO YOUNG』。

シンプルに名曲です!

青春を歌った曲って2種類ありますよね。一つは“青春を謳歌する今を歌った曲”、もう一つは“青春を振り返る視点で歌った曲”

本作『SO YOUNG』は後者になります。

穏やかだった日々を振り返り、”あれは青春だったんだな”と吉井和哉節で歌ってくれます。

『SO YOUNG』、サビで「青春」という名詞が出てくるのですが、その「青春」の前に「なんて」という言葉をつけて形容しています。この表現、新しいですよね。イメージとしては、”まさに青春”とか、”青春そのものだった”という意味で使っているのだと思います。

ここで”まさに”ではなく「なんて」という言葉を使うことで、ちょっと離れた視点で客観的に「青春」を俯瞰している雰囲気が出ています。この視点の離れ方が、“もう戻らない時間”を間接的に聴き手に意識させ、独特な切なさを生み出すことに成功しているのではないでしょうか。

他のシングルと比べて知名度は低いかもしれませんが、『THE YELLOW MONKEY』を堪能する上で、絶対に外せない1曲、それが『SO YOUNG』です!

『SO YOUNG』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/パンチドランカー

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/ピストル

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/今夜も眠れない(病的な意味で)

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/BLUE TEARS

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。