個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/風吹けば恋

投稿日:2017年11月9日 更新日:

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』!

気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言える立ち位置になっています。

そんな『チャットモンチー』も、メンバー脱退を経てギターボーカルとベースの二人になり、すでにメジャーデビューから10年以上が経過しています。もはや、ガールズバンドという括りではおさまりきらないバンドなのではないでしょうか。

今回は、『風吹けば恋』のレビューです。

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

young-woman

『風吹けば恋』の全体概要

基本情報

アーティストチャットモンチー
曲名風吹けば恋
演奏時間3:45
作詞高橋久美子
作曲橋本絵莉子
編曲チャットモンチー

『チャットモンチー』の8thシングル。

『風吹けば恋』収録アルバム

アルバム名トラック#
告白11
チャットモンチー BEST〜2005-2011〜12
BEST MONCHY 1 -Listening- (CD1)14

3rdフルオリジナルアルバム『告白』に収録。

※『風吹けば恋』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

化粧品系企業のCMソングになった1曲。

『風吹けば恋』というフレーズは歌詞に出てこないので、曲名を聞いただけではどんな曲かピンとこないかもしれません。しかし、サビを聴けば”あーこの曲か!”となるのではずです!

私もこの曲を初めて耳にしたのはCMがきっかけでした。ただ、当時は”『チャットモンチー』がCMの曲歌ってるなー”くらいの感想に留まり、CDを買うとか、具体的な行動には移しませんでした。

それからしばらく経って、ベストアルバム『チャットモンチー BEST〜2005-2011〜』に出会い、そこで初めてフルで『風吹けば恋』を聴きました。

正直、イントロ、Aメロを聴いても例のCMの曲だとは気付けなかったです。

化粧品系企業のCMで流れていたというイメージもあるのでしょうが、さわやかなサビに比べて、イントロやAメロはけっこう激しめなんですよね。おかげで、サビに差し掛かったときは、“この曲だったんかーい!”という発見の感動を味合わせてもらいました 笑。

あと、印象に残ったのは2番が終わって最後のサビが始まるまでの間奏ですかね。

多くの楽曲はここで時間をとってギターソロが入るのですが、本作『風吹けば恋』は、ある種の実験的な(?)演奏が繰り広げられます。言葉を選ばずに表現してしまうと、”適当に作ったんじゃない!?”って思ってしまうような間奏なんです(ホントは真面目に作っていると思いますよ。リズムパターンとか凝っていますし)。

耳に残る、さわやかなサビを持つ楽曲なので、その雰囲気でここの間奏も構築してくれたらなぁ…なんて、個人的には思ってしまいました。

まぁ、そこも含めてハマっちゃって、一時期ヘビロテしてたんですけどね 笑。

『風吹けば恋』収録アルバムレビューリンク

※『チャットモンチー』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/チャットモンチー

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/太陽が燃えている

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/顔も覚えてない

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/不愉快な6番街へ(Unpleasant 6th Avenue)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/There will be love there -愛のある場所-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/Reue

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。