個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/HEART BREAK

投稿日:2017年7月18日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね!

これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すことで、必ずしやこれまでの名盤、名曲を超える作品を生み出していってくれることでしょう!

今回は、アルバム『8』の5曲目、『HEART BREAK』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

dr

『HEART BREAK』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名HEART BREAK
演奏時間5:16
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY & 笹路正徳 & 森俊之

外部の方が編曲に携わっています。

19thシングル『バラ色の日々』のカップリングが初出です。

『HEART BREAK』収録アルバム

アルバム名トラック#
85
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (DISC 3)5

アルバム『8』の5曲目に収録。こちらはAlbum Versionになります。

また、ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』にも収録されています。

※『HEART BREAK』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

歌謡曲の香りがプンプン漂う1曲、『HEART BREAK』。

元々『THE YELLOW MONKEY』は歌謡曲風な楽曲が多く、それが特徴の一つであるバンドなのですが、本作『HEART BREAK』は特にその傾向が強いです。

着物を着た女性がスナックのカラオケでゆらゆらと歌っていそうな雰囲気を感じます。

これまでの歌謡曲風楽曲に比べてサウンドがまろやかになっているからでしょうか、以前の歌謡曲風楽曲に充満していた”妖しさ”がかなり抜けていますね。

インディーズの『Bunched Birth』の頃と比べると、ずいぶん変化した感じがします。

一方、歌詞の方は相変わらずの吉井和哉節が炸裂しています。

楽曲のテーマは『HEART BREAK』という曲名の通り、”心の傷跡の治療”といったところでしょうか。”辛いよ~”っていう心情の吐露ではなく、上述の通り“治療”の方にスポットライトを当てているところに吉井和哉のオリジナリティを感じます。

スナックのお姉さまに優しく介抱される、そんな絵が思い浮かぶ1曲です。

Amazonで試聴できます。

『HEART BREAK』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/Shower

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 日本におけるアーティスト・トータル・セールス(CD)が歴代1位という記録を保持している『B’z』ですが …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/CRUCIFY MY LOVE

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LUV U

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/おはようオーパーツ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/不謹慎な恋

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。