個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/ジュディ

投稿日:2017年7月14日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね!

これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すことで、必ずしやこれまでの名盤、名曲を超える作品を生み出していってくれることでしょう!

今回は、アルバム『8』の1曲目、『ジュディ』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

board

『ジュディ』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名ジュディ
演奏時間4:36
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『THE YELLOW MONKEY』の楽曲って、人の名前が曲名につくことが多い気がします。”ジュディ”の他には”麗奈”、”マリー”、最近では”ロザーナ”もそうですかね。

『ジュディ』収録アルバム

アルバム名トラック#
81

アルバム『8』の1曲目です。

※『ジュディ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

ヘビーなバンドサウンドの1曲、『ジュディ』。

時々入る電子的なニヨニヨ音と伸びやかな単音ギターが緊張感のある雰囲気を醸し出しています。『THE YELLOW MONKEY』にしては珍しい曲調かもしれません。妖しくてギラギラした雰囲気の曲ならいっぱいあるんですけどね。特に初期とか。

ヘビーなズンズンサウンドに乗る歌詞は、相変わらず下ネタ交じりですが、吹っ切れた諦めのような香りも言葉の端々から微かに感じます。うん、正直かっこいい。

チャラくない下ネタを歌えるのは『THE YELLOW MONKEY』の特権ですね。

押しつけがましい説教じみた教訓ではなく、サラッと下ネタ絡めて大事なことを言う感じ。ホントにこのバンドじゃなきゃできないですよ。独り言みたいな歌詞が聴き手をノーガードにさせて、心にサッと入ってくるんでしょうね。

それから、開放感のあるサビ。素敵です。

Aメロ、Bメロは、8ビートに乗せてギターとベースがズンズンやり、サビでギターがジャーンと来る開放感。ありふれた手法かもしれませんが、やっぱりかっこいいです。

本作『ジュディ』、アルバムの一発目として相応しい1曲だと思います。アルバム全体への期待感を高めてくれます。

Amazonで試聴できます。

『ジュディ』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】hide/Hi-Ho

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/NEO UNIVERSE

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】hide/Beauty & Stupid

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Will Be King

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Changes Far Away

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。