個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/Trouble On Monday

投稿日:2018年11月29日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2010年代になって他のメンバーの作品もシングルの顔を飾るようになりました。

変化を続ける『GLAY』の今後がこれからも楽しみですね。

今回は、『GLAY』の楽曲、『Trouble On Monday』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

bubble-gum

『Trouble On Monday』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名Trouble On Monday
演奏時間5:28
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

『Trouble On Monday』収録アルバム

アルバム名トラック#
BEAT out!4

オリジナルアルバム『BEAT out!』の4曲目に収録。

※『Trouble On Monday』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

#1 『More than Love』に始まり、#3『原色の空<Cloudy Sky>』までノリノリな楽曲が続いてきたアルバム『BEAT out!』ですが、続く4曲目には落ち着いたポップソングの本作『Trouble On Monday』が配置されています。

アルバム『BEAT out!』は、この辺りでひと休憩といった感じでしょうかね。

『Trouble On Monday』という曲名通り、相変わらずのキャッチーなメロディーに乗せて日常生活とそのやるせなさが描かれています。直前の#3 『原色の空<Cloudy Sky>』で「破滅」だの「天使」だのと歌っていたわけですが、歌詞の内容だけみるとなかなかの落差がありますね 笑。

歌詞といえば、サビの終わりに出てくる「Count down to 1999」というフレーズに時代を感じるところです。”1999年までのカウントダウン”という意味でしょうが、既に1999年は約20年前のこと…。

本作『Trouble On Monday』が収録されているアルバム『BEAT out!』のリリースが1996年ですので、当時はまさにこのフレーズ通り、もっと言えば、“ちょっとした未来を見据えた歌”とも捉えられたのでしょうが…今となっては古めかしさを助長する一節となってしまっています。

ただ、それ以外の部分、本作『Trouble On Monday』でメインに歌われている”日常生活とそのやるせなさ”については2019の今でも特別違和感はありません。

1999年のカウントダウンをしている1996年の人も、スマホでネットしている2019年の私も、人間の感じる”日常生活とそのやるせなさ”はそんなに変わらないということかもしれませんね。

Amazonで試聴できます。

『Trouble On Monday』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ゲスの極み乙女。/ハツミ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/成龙很酷

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Sweet & Sweet

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/もう会えなくなるなんて

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ムーンライト銀河

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。