アルバムレビュー

【アルバムレビュー】GLAY/BEAT out!

投稿日:2018年11月25日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2010年代になって他のメンバーの作品もシングルの顔を飾るようになりました。

変化を続ける『GLAY』の今後がこれからも楽しみですね。

今回は、『GLAY』のアルバム『BEAT out!』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

images

『BEAT out!』の全体概要

アーティストGLAY
アルバム名BEAT out!
発売日1996/2/7
収録曲数11
演奏時間56:41

メジャー2ndアルバム。

『GLAY』がシングル、アルバムを通じて初めてオリコンチャートで1位を獲得した作品です。

演奏時間はトータルで56:41。京浜東北線で、東京・新杉田間くらいの時間です。

レビュー

『BEAT out!』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1More than Love★★★★☆4
2Yes, Summerdays★★★★☆4
3原色の空<Cloudy Sky>★★★★☆4
4Trouble On Monday★★★★☆4
5Together★★★☆☆3
6月に祈る★★★★☆4
7生きてく強さ★★★★☆4
8週末のBaby talk★★★☆☆3
9グロリアス★★★★☆4
10軌跡の果て★★★★☆4
11Miki Piano★★★★☆4

ドハマりする楽曲は無いものの、捨て曲が無いバランスの取れた並びという印象。

※『BEAT out!』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『BEAT out!』全体の感想

長らくドラマーが定着しなかった『GLAY』。

インディーズアルバム『灰とダイヤモンド』、メジャー1stアルバム『SPEED POP』にはそれぞれ別のドラマーが入れ替わりながらもメンバーにおり、なんとか5人バンドとしてやってきましたが、本作『BEAT out!』でとうとうドラマー“永井利光”と邂逅。

永井利光はサポートメンバーという形で『GLAY』と携わることになり、現在まで続く4人の『GLAY』+永井利光という最強の布陣が完成しました。

『BEAT out!』という本アルバムの名前も、収録楽曲に沿った命名がされているとは思いますが、上述の経緯を考えると、“やっと最高のドラマーに出会えた”というメンバーの喜びが込められているんじゃないかな、なんて思ったりもします。

さて、アルバム『BEAT out!』の内容ですが、気持ちいい8ビートとキャッチーな歌メロが組み合わさった、非常に『GLAY』らしい楽曲が多数収録されています。

特に、#1 『More than Love』~#3 『原色の空<Cloudy Sky>』の流れは最高のスタートダッシュ。このアルバムの一番オイシイ部分のように思います。

一方で、楽曲単位で見ると、後世まで残る名曲というのは少ないかな、という印象。

アルバムが出揃った後にリリースされたベストアルバム『DRIVE-GLAY complete BEST』や『THE GREAT VACATION VOL.2 〜SUPER BEST OF GLAY〜』には本作『BEAT out!』のアルバム曲が一つも収録されていません。

本作『BEAT out!』が世に出た当時は#5 『Together』や#10 『軌跡の果て』が名作という扱いだったのでしょうが、スローバラード成功者ゆえの苦悩系路線についてはさらに強烈な名作が後のアルバムで生まれてしまったため、残念ながら埋もれていってしまったのでしょう。

ただ、普通のバンドなら、こんなにもキャッチーな楽曲で埋め尽くされた本作『BEAT out!』は名盤扱いになるはずです。

それでも『GLAY』の作品の中で本作『BEAT out!』の影が薄い印象があるのは、それだけ『GLAY』が恐ろしいモンスターバンドであることの証左なのではないでしょうか。

『BEAT out!』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】hide/PSYENCE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/8

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【アルバムレビュー】GARNET CROW/first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【アルバムレビュー】LUNA SEA/SINGLES

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【アルバムレビュー】ゲスの極み乙女。/踊れないなら、ゲスになってしまえよ

2014年メジャーデビューの後、2015年に紅白歌合戦へ出演と、国民的なバンドへ成長していた矢先、例の不倫事件で世間のイメージが急降下してしまったバンド、『ゲスの極み乙女。』。 とは言え、有名人が不倫 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。