個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/月に祈る

投稿日:2018年12月1日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2010年代になって他のメンバーの作品もシングルの顔を飾るようになりました。

変化を続ける『GLAY』の今後がこれからも楽しみですね。

今回は、『GLAY』の楽曲、『月に祈る』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

woman

『月に祈る』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名月に祈る
演奏時間4:20
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

『月に祈る』収録アルバム

アルバム名トラック#
BEAT out!6

オリジナルアルバム『BEAT out!』の6曲目に収録。

※『月に祈る』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名だけ見ると幻想的なバラードのようにも思える楽曲、『月に祈る』。

しかしながら、その実態は『彼女の“Modern…”』ばりにロックで激しい楽曲

裏拍のスネアドラムといい、アルバム『BEAT out!』収録曲の中では最もスピード感のある楽曲と言ってもいいのではないでしょうか。

オープニングのクリーンギターフレーズが確信犯的ですよね。上述の通り、『月に祈る』という曲名だけ見ると幻想的なバラードのようにも思える楽曲ですので、その期待(?)に応える形でおとなしいオープニングを展開し、リスナーに”やっぱりそっち系ね”と思わせておいて、突如一気にロック方面へ爆発。一度聴いたらネタバレしてしまうとは言え、これは狙ってるでしょ 笑。

この確信犯的な仕掛け、狙っているとわかっていてもやっぱりかっこいいです。ただ、おとなしいオープニングからロック方面へ切り替わる瞬間の”テロリ~ン”というギター、この音色はちょっとどうなんでしょう 笑。昭和の特撮で使われる効果音のような音色で、かなり古臭く感じてしまいます。本作『月に祈る』は90年代の楽曲ですので、今聴けば多少古く感じるのは仕方ないにしても、この音色はさらに時代をいくつか遡る勢いの古さがあります 笑。

“おとなしいオープニングから突如として裏拍スネアの激しいロックに変貌する楽曲”という観点で見ると、『X JAPAN』っぽいと言えるかもしれませんね。例えば『紅』とか。

こちらは”おとなしいオープニング”部分ですらがっつり時間をかけてリスナーを焦らしてくるわけですが(笑)、本作『月に祈る』のオープニングは割とあっさり。

曲全体も4分台とコンパクトにまとまっているので、この手の楽曲にしては本作『月に祈る』は場所や時間を選ばずに聴きやすいのではないでしょうか。

Amazonで試聴できます。

『月に祈る』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ふしぎデカルト

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/Hello! Orange Sunshine

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/男心と秋の空

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 平成から令和への改元でさえネタにして楽曲を創ってしまう彼らは、紛れもなくエンターテ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/メロメ

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/出逢った頃のように

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。