個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Breaking The Hide

投稿日:2019年6月5日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。

離れ離れになっていた十数年という時間の中、『THE YELLOW MONKEY』というバンドが誕生した奇跡について、ある種悟りのようなものをメンバーたちが感じ取った結果なのかもしれませんね。

 

今回は、アルバム『9999』の5曲目、『Breaking The Hide』レビューです。

 

fantasy

全体概要

基本情報

アーティスト THE YELLOW MONKEY
曲名 Breaking The Hide
演奏時間 2:55
作詞 吉井和哉
作曲 菊地英昭
編曲 THE YELLOW MONKEY

ギターの菊地英昭による作曲。

 

収録アルバム

アルバム名 トラック#
9999 5

オリジナルアルバム『9999』の5曲目に収録。

 

レビュー

優しさ成分多めのアルバム『9999』の中では割と乱暴寄りな1曲、『Breaking The Hide』。

この聴き心地、過去のイエモンのアルバムで言うところの『PUNCH DRUNKARD』に収録されていそうな雰囲気を感じました。

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/PUNCH DRUNKARD

『PUNCH DRUNKARD』って、オリジナルアルバムで数えれば『9999』のほんの2作前なのですが、年数で見ると20年以上前のアルバムになるんですね。。。

『PUNCH DRUNKARD』リリース時に産まれた子供は、『9999』リリース時点で成人式を終わらせているわけですから、イエモンが活動をやめていた時間の長さが改めてわかります…。

 

一方で、歌詞に焦点を当ててみると、アルバム『8』収録曲『DEAR FEELING』を思い出す部分があります。『Breaking The Hide』の2番に出てくる「牙がない…」というあたりですね。

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/DEAR FEELING

この表現が登場する文脈は『DEAR FEELING』と『Breaking The Hide』でそれぞれ異なりますが、”野性的な何かが無いことを嘆く”という歌詞が独特なので、2曲の重複部分はわずかながらも心理的に大きな共通点を感じてしまいました。

 

ということで、本作『Breaking The Hide』、復活後のアルバム『9999』の中では乱暴寄りな楽曲であり、かつ、最も過去のイエモンっぽさを感じる楽曲だなという印象です。

 

『Breaking The Hide』が収録されているアルバム『9999』のレビューはこちらからどうぞ!

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/9999

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SHOCK HEARTS

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/GENESIS OF MIND 〜夢の彼方へ〜

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 再始動前の2009年、『LUNA SEA』のリードギターを担当するSUGIZOがHIDEの …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/サレンダー

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/まごころ

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/THE LAST CRY IN HADES (NOT GUILTY)

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。