個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/GOOD BYE

投稿日:2017年10月10日 更新日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、『GOOD BYE』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

piano

『GOOD BYE』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名GOOD BYE
演奏時間3:57
作詞hide
作曲hide
編曲hide

両A面の7thシングル。もう片方は『Hi-Ho』。

『GOOD BYE』収録アルバム

アルバム名トラック#
PSYENCE11
hide BEST 〜PSYCHOMMUNITY〜12
hide SINGLES 〜Junk Story〜8
We Love hide 〜The Best in The World〜 (DISC 2)10

2ndオリジナルアルバム『PSYENCE』の11曲目に収録。

元々は『PSYENCE』のアルバム曲でしたが、リカットされてシングルになったという経緯があります。

※『GOOD BYE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

スローテンポでセンチメンタルな1曲、『GOOD BYE』

この曲、『hide』のシングル曲にしては珍しく、サビに曲名が出てこないんですよね。1stシングルの『EYES LOVE YOU』にしても大ヒットシングル『ピンク スパイダー』にしても、サビ(多くはサビの一発目)に曲名が出てくる傾向が『hide』の曲にはあるんです。

でも、本作『GOOD BYE』はそうじゃない。

代わりに、Aメロ一発目に『GOOD BYE』ってフレーズが出てきます。イントロもなしで「Say good bye~」と始まります。そのせいか、サビよりもこのAメロの方が耳に残ってるんですよね。

『hide』の『GOOD BYE』を知っている人に”hideのGOOD BYEを歌ってよ”とリクエストしたら、サビよりもこのAメロを歌い出すんじゃないでしょうか。

で、結局何が言いたいかっていうと、『GOOD BYE』のサビって忘れやすいですよねということ。そして、改めてサビを意識して『GOOD BYE』を聴いてみると、かなりキレイなメロディーに驚くということ、それが言いたかったんです。

『GOOD BYE』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ZONE/一雫

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/AGITATOR

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/マイハートハードピンチ

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/JIRENMA

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】ZONE/GOOD DAYS

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。