個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Season

投稿日:2018年7月7日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

当時のエイベックスはポスト小室哲哉として五十嵐充に期待していた部分があったと思います(おそらく)。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Season』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

cyprus

『Season』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名Season
演奏時間5:52
作詞五十嵐充
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

2ndシングル『Future World』のカップリング曲。

アルバム『everlasting』収録曲の中では最も演奏時間の長い楽曲になります。

『Season』収録アルバム

アルバム名トラック#
everlasting4

1stアルバム『everlasting』の4曲目に”Album Version”で収録。

※『Season』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作の曲名は『Season』と、単数形になっています。J-POPの楽曲は、複数形の”s”を末尾につけて、”Seasons”とする方が多い印象がありますので、この単数形パターンはなかなか珍しいように思います。

意味合いとしては、単数形の”Season”は“季節”、複数形の”Seasons”は“四季”といったところでしょうか。後者は”春夏秋冬”と言ってもいいかもしれません。つまり、一つの季節に限定せず、四季をテーマにするときは”Seasons”という複数形の曲名をつけるのが相応しいわけですね。

一方、限定したとある一つの季節をテーマにするのなら、わざわざ単数形の”Season”を使わず、春なら”Spring”だとか夏なら”Summer”だとか、その季節をずばり指し示す言葉を使えばいいはずです。

ですので、単数形の”Season”より複数形の”Seasons”という曲名をJ-POPで見かけるというのは、まぁ、そうだろうなと思うわけです。

では、なぜ本作『Season』はずばりの季節を曲名に当てなかったのか。それは単純に“ずばりの季節”に該当する言葉が存在しなかったのでしょう。

サビに出てくるように本作は「夏の終わり」を歌っている歌です。そんな楽曲に”Summer”や”Autumn”というタイトルを付けるのは、ふさわしくないですからね。とある季節を意味する程度の『Season』という言葉がが丁度良かったのでしょう。

ところで、上の方で偉そうに”J-POPには複数形のSeasonsの方が曲名に使われている”とか言っていますが、歌詞検索サイトで調べてみると実は単数形の”Season”を使用している楽曲の方が多かったりします 笑。

印象ってけっこう当てにならないものですね 笑。

Amazonで試聴できます。

『Season』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/半泣き黒猫団のテーマ

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ジェット・ラグ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/永遠を駆け抜ける一瞬の僕ら

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 メンバーが楽曲制作に携わる場合、ボーカルが作詞 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/RADIO

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】GLAY/THINK ABOUT MY DAUGHTER

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。