個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Season

投稿日:2018年7月7日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

当時のエイベックスはポスト小室哲哉として五十嵐充に期待していた部分があったと思います(おそらく)。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Season』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

cyprus

『Season』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名Season
演奏時間5:52
作詞五十嵐充
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

2ndシングル『Future World』のカップリング曲。

アルバム『everlasting』収録曲の中では最も演奏時間の長い楽曲になります。

『Season』収録アルバム

アルバム名トラック#
everlasting4

1stアルバム『everlasting』の4曲目に”Album Version”で収録。

※『Season』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作の曲名は『Season』と、単数形になっています。J-POPの楽曲は、複数形の”s”を末尾につけて、”Seasons”とする方が多い印象がありますので、この単数形パターンはなかなか珍しいように思います。

意味合いとしては、単数形の”Season”は“季節”、複数形の”Seasons”は“四季”といったところでしょうか。後者は”春夏秋冬”と言ってもいいかもしれません。つまり、一つの季節に限定せず、四季をテーマにするときは”Seasons”という複数形の曲名をつけるのが相応しいわけですね。

一方、限定したとある一つの季節をテーマにするのなら、わざわざ単数形の”Season”を使わず、春なら”Spring”だとか夏なら”Summer”だとか、その季節をずばり指し示す言葉を使えばいいはずです。

ですので、単数形の”Season”より複数形の”Seasons”という曲名をJ-POPで見かけるというのは、まぁ、そうだろうなと思うわけです。

では、なぜ本作『Season』はずばりの季節を曲名に当てなかったのか。それは単純に“ずばりの季節”に該当する言葉が存在しなかったのでしょう。

サビに出てくるように本作は「夏の終わり」を歌っている歌です。そんな楽曲に”Summer”や”Autumn”というタイトルを付けるのは、ふさわしくないですからね。とある季節を意味する程度の『Season』という言葉がが丁度良かったのでしょう。

ところで、上の方で偉そうに”J-POPには複数形のSeasonsの方が曲名に使われている”とか言っていますが、歌詞検索サイトで調べてみると実は単数形の”Season”を使用している楽曲の方が多かったりします 笑。

印象ってけっこう当てにならないものですね 笑。

Amazonで試聴できます。

『Season』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Sky

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/Hello Another Way -それぞれの場所-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/MECHANICAL DANCE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 復活後も定期的に新作をリリースして楽しませてくれるのみならず、ライブでは最新の技術によって …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/テレ東

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】黒夢/SPOON & CAFFEINE

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。