個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/君の家に着くまでずっと走ってゆく

投稿日:2017年4月25日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。

今回は、『GARNET CROW』の個別楽曲、『君の家に着くまでずっと走ってゆく』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

road

『君の家に着くまでずっと走ってゆく』の全体概要

基本情報

本作『君の家に着くまでずっと走ってゆく』の初出はインディーズミニアルバム『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』ですが、メジャーデビュー後、2ndシングルとしてもリリースされました。ただし、シングルの方は別物と言えるくらいアレンジが異なっています。

そのため、インディーズ版とシングル版に分けて記載します。

インディーズ版

アーティストGARNET CROW
曲名君の家に着くまでずっと走ってゆく
演奏時間4:48
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

シングル版

アーティストGARNET CROW
曲名君の家に着くまでずっと走ってゆく
演奏時間4:00
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲Miguel Sá Pessoa & 古井弘人

インディーズ版とシングル版とで編曲の担当者が違うんですね。

『君の家に着くまでずっと走ってゆく』収録アルバム

インディーズ版

アルバム名トラック#
first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~1
Best (Disc 1)1
THE BEST History of GARNET CROW at the crest… (Disc 1)2

シングル版

アルバム名トラック#
first soundscope 〜水のない晴れた海へ〜2
THE ONE 〜ALL SINGLES BEST〜 (Disc 1)2

インディーズ版、シングル版、いずれもアルバムの前半に収録される傾向があります。

※『君の家に着くまでずっと走ってゆく』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

インディーズミニアルバム『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』のサブタイトルにもなっている1曲。

ちょっとレトロで落ち着いた雰囲気のあるサウンドがいいですね。

アルバム『first kaleidscope ~君の家に着くまでずっと走ってゆく~』を通して言えることですが、作業中のBGMとしてかけるのにピッタリです。

なお、シングル版の『君の家に着くまでずっと走ってゆく』はもっとゆったりしたアレンジになっています。正直、全然“走ってゆく感”がないです 笑。

本作『君の家に着くまでずっと走ってゆく』はありふれた日常をさりげなく切り取った楽曲です。

毒にも薬にもならないと言えばそうなのかもしれませんが、切り取り方や登場する小物が独特なので、”どこかで聴いた歌詞だな”という感想にはなりません。こういった歌詞も『GARNET CROW』の魅力の一つですね。

ピザの注文に電話を使う表現が出てきますが、令和を迎えた現在、ピザの注文に電話を使う人ってどれくらいいるんでしょうね。本作は90年代後半の曲なので仕方ないのですが。

でも、”ネットでピザ取ろうよ~”って歌詞だったら、ちょっと曲の雰囲気が変わってしまいますね 笑。

『君の家に着くまでずっと走ってゆく』収録アルバムレビューリンク

インディーズ版

シングル版

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/風にきえないで

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/人魚

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】黒夢/SPOON & CAFFEINE

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Freeze My Love

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/夏の黄金比

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの『やくしまるえつこ』がソロでも曲を出し …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。