個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/二人で時代を変えてみたい

投稿日:2018年7月8日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

当時のエイベックスはポスト小室哲哉として五十嵐充に期待していた部分があったと思います(おそらく)。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『二人で時代を変えてみたい』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

lily

『二人で時代を変えてみたい』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名二人で時代を変えてみたい
演奏時間4:57
作詞永岡昌憲
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

珍しく、作詞は『Every Little Thing』のメンバーではない方が担当しています。

『二人で時代を変えてみたい』収録アルバム

アルバム名トラック#
everlasting5
Every Ballad Songs6

1stアルバム『everlasting』の5曲目に収録。

また、バラードベストアルバムの『Every Ballad Songs』にも収録されています。

※『二人で時代を変えてみたい』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『二人で時代を変えてみたい』、『Every Ballad Songs』に収録されている通り、バラードとして分類されることについて異論のないほどザ・バラードな楽曲です。

静かなAメロ、徐々に盛り上がるBメロ、大きく花開くサビと、J-POPのバラードとしてはお手本のような展開。

ただ、王道な仕上がり故にクセがなさ過ぎて記憶に残りにくいのが難点…。

アルバム『everlasting』はとても大好きな作品で、これまで何十回と聴いてきたのですが、この『二人で時代を変えてみたい』1曲を目当てにサーチして聴いたことはおそらく一度もないです…。

一方で、『二人で時代を変えてみたい』という曲名はひっかかるものがありますね。

楽曲の内容はラブソングのはずですが、何故か出てくる「時代を変えてみたい」というスケールの大きな文言。まるで連立政権を組んだ政党の党首同士のセリフのようです 笑。

ラブソングという前提で「時代を変える」という言葉に納得感を持たせるとすると、もしかして世間的にタブーとされている恋愛をテーマにしているのかもしれません。

…例えば…同性同士の恋愛とか。

それなら、『二人で時代を変えてみたい』という曲名も納得感を持って受け入れられそうです。

Amazonで試聴できます。

『二人で時代を変えてみたい』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Four Seasons

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/& Die

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ICAROSS

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Miki Piano

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/さよなら冬美

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。