アルバムレビュー

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/PUNCH DRUNKARD

投稿日:2018年7月28日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤たちを超える作品を作るために時間をかけているものと信じて待っていたいですね。

(*)追記:『9999』が2019/4/17に発売されました!

今回は、『THE YELLOW MONKEY』のオリジナルアルバム、『PUNCH DRUNKARD』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

boxing

『PUNCH DRUNKARD』の全体概要

アーティストTHE YELLOW MONKEY
アルバム名PUNCH DRUNKARD
発売日1998/3/4
収録曲数13
演奏時間61:54

メジャーデビュー後7枚目のオリジナルアルバム。

演奏時間はトータル61:54。新幹線ひかりで東京・静岡間とだいたい同じくらいの時間です。

レビュー

『PUNCH DRUNKARD』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1パンチドランカー★★★★★5
2球根★★★★★5
3間違いねえな★★★★☆4
4ゴージャス★★★★☆4
5見して 見して★★★☆☆3
6クズ社会の赤いバラ★★★★☆4
7セ■クスレスデス★★★☆☆3
8エヴリデイ★★★★★5
9SEA★★★☆☆3
10BURN (Album Version)★★★★☆4
11甘い経験★★★★☆4
12離れるな★★★★★5
13LOVE LOVE SHOW (Album Version)★★★★☆4

シングル楽曲のうち#10 『BURN』と#13 『LOVE LOVE SHOW』はAlbum Versionにて収録。

なお、#7については露骨な下ネタが曲名についていますので、念のため伏字を入れています。正式な曲名は…ググれば普通に出てきます 笑。

曲単位で見ると強烈に好きな曲が多いわけでは無いです。ただ、『PUNCH DRUNKARD』というアルバム全体が持つパワーは強烈です。

※『PUNCH DRUNKARD』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『PUNCH DRUNKARD』全体の感想

『BURN』、『LOVE LOVE SHOW』、『球根』といったヒットシングルが収録されたアルバム『PUNCH DRUNKARD』。

『THE YELLOW MONKEY』というバンドが商業的に絶頂期を迎えていた頃にリリースされたアルバムと言ってもいいでしょう。

そんな本作『PUNCH DRUNKARD』、内容は素敵なくらい媚びないロックンロールです。

まさに1曲目のアルバムタイトル曲『パンチドランカー』がアルバム『PUNCH DRUNKARD』の方向性を物語っていますよね。“ボーカルとギターとベースとドラム、それでバキバキのロックンロールやろうぜ!”というのがグイグイと伝わってきます。

それでいて、アルバム曲の多くは日本語の曲名がつけられているというのがまたおもしろいところです。『ゴージャス』、『エヴリデイ』などは英語でもよさそうな言葉をあえてカタカナで表記していますしね。

音楽は洋楽的要素のあるロックンロールでありながらも、言葉に関しては日本語の響きや表現にこだわっている、そんなバンドの姿勢が垣間見れるような気がします。

いずれにせよ、イエモンによるロックンロールパンチをこれでもかというほど喰らい、ボロボロになりたい方にオススメの1枚、それが本作『PUNCH DRUNKARD』です。

『PUNCH DRUNKARD』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】Every Little Thing/Every Best Single +3

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【アルバムレビュー】hide/PSYENCE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【アルバムレビュー】チャットモンチー/チャットモンチー BEST〜2005-2011〜

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/極彩

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【アルバムレビュー】X JAPAN/Jealousy

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。