個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/BURN

投稿日:2017年4月14日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!!

復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていってほしいです。

一見ふざけているようで、でも実は芯を捉えた歌詞も魅力の一つですね。下手にかっこつけてない言葉だからこそ、胸にとっても響きます。

今回は『THE YELLOW MONKEY』の個別楽曲、『BURN』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

burn

『BURN』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名BURN
演奏時間5:15
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

13thシングル。

本作『BURN』は約67万枚を売り上げ、『THE YELLOW MONKEY』のリリースしたシングルで最も売れた1枚になりました。

この約67万という数字、都市で言えば東京都足立区の人口くらい、都道府県で言えば、島根県の人口に匹敵します。

『BURN』収録アルバム

アルバム名トラック#
PUNCH DRUNKARD10
GOLDEN YEARS Singles 1996-20013
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 1)7
イエモン-FAN’S BEST SELECTION-7
THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST7

オリジナルアルバム『PUNCH DRUNKARD』の10曲目に”Album Version”で収録。

※『BURN』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『BURN』という単語、自動詞として使うときは”燃える”と訳す一方、他動詞として使うときは”燃やす”と訳します。他動詞の用法では目的語が必要ですね。つまり、”燃やす”対象が何なのか示す必要があるということ。

本作『BURN』は後者の意味です。

目的語は「思い出」。

つまり、「思い出」を燃やす歌です。

曲中で語られる思い出は、具体的に描かれてはいないにせよ、とても素敵なものだったということが伝わってきます。

キレイな思い出のノスタルジーに浸る曲は多々あれど、思い出を燃やしてしまおうっていう歌はなかなかないのではないでしょうか。

一見過激な表現ですが、きっと、本当は前向きな作品なんだと思います。

素敵な思い出を自ら断ち切って、一歩踏み出そうとする曲。

大人になって歳を取るほど、本作『BURN』で歌われている内容が心に沁みてきます。若かった頃には見過ごしていた魅力に最近気づきました。

『THE YELLOW MONKEY』が得意とする歌謡曲風ロックなサウンドも非常によくマッチしてかっこいいです。

『BURN』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/THE LAST CRY IN HADES (NOT GUILTY)

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】B’z/Calling

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/嫉妬 (KURID/PHANTOM mix)

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 ヒットソングだけを取り出してみれば、確かに耳馴染みの良い王道J-POPな楽曲で溢れていますが、ひとたび『GLAY』の …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/ミス・パラレルワールド

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/創生児

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。