個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/追憶のマーメイド

投稿日:2017年4月13日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!!

復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていってほしいです。

一見ふざけているようで、でも実は芯を捉えた歌詞も魅力の一つですね。下手にかっこつけてない言葉だからこそ、胸にとっても響きます。

今回は、『THE YELLOW MONKEY』の個別楽曲、『追憶のマーメイド』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

bubble

『追憶のマーメイド』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名追憶のマーメイド
演奏時間3:56
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

「追憶」とは、「過去のことを思い出すこと」といった意味です。なので、『追憶のマーメイド』は「思い出のマーメイド」と言い換えても意味は通じます。

しかし、「思い出のマーメイド」じゃあダサいですね。。。

改めて、『追憶のマーメイド』という曲名のかっこよさを思い知ります。

『追憶のマーメイド』収録アルバム

アルバム名トラック#
FOUR SEASONS9
TRIAD YEARS THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY (act II)12
THE YELLOW MONKEY SINGLE COLLECTION7
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 3)13
イエモン-FAN’S BEST SELECTION-6
THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST6

オリジナルアルバム『FOUR SEASONS』の9曲目に”Album Version”で収録。

『TRIAD YEARS THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY (act II)』も同様に”Album Version”で収録。

また、『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』は歌詞が異なる”DEMO”バージョンが収録されています。こちらの方が元々用意されていた歌詞だそうです。

※『追憶のマーメイド』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『THE YELLOW MONKEY』のヒットソングはたくさんありますが、”代表曲を選べ”と言われれば、個人的にはこの『追憶のマーメイド』に一票です。

楽曲の知名度と『THE YELLOW MONKEY』の持つバンドの色が嚙み合った1曲だと思います。

”ひと夏の恋”、”若さゆえの過ち”が『追憶のマーメイド』のテーマでしょうか。

上記のキーワードだけ並べると、プラトニックな純愛を連想するかもしれませんが、内容はもっと衝動的で官能的です。

2回目Aメロでは”若さゆえの過ち”を歌っていますが、ここが衝動的で官能的にも関わらず、詩的な表現になっています。

決して難しい言葉を使っているわけではありません。ありふれた言葉を組み合わせて新しい言い回しを生み出しているところが素敵です。

サウンドは『THE YELLOW MONKEY』らしく、歌謡曲テイストを含んだ妖しい仕上がりになっています。

歌詞の内容も含め、『追憶のマーメイド』は『THE YELLOW MONKEY』の音楽性を表す1曲だと思います。

『追憶のマーメイド』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/I’ll get over you

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/flying

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Ray

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/ベニクラゲ

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 女性ボーカルとギター、ベース、ドラムといった、シンプルな構成の4人ロックバンドで …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAD SKY -鋼鉄の救世主-

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。