個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/WELCOME TO MY DOGHOUSE

投稿日:2017年4月12日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!!

復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていってほしいです。

一見ふざけているようで、でも実は芯を捉えた歌詞も魅力の一つですね。下手にかっこつけてない言葉だからこそ、胸にとっても響きます。

今回は、『THE YELLOW MONKEY』の個別楽曲、『WELCOME TO MY DOGHOUSE』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

doghouse

『WELCOME TO MY DOGHOUSE』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名WELCOME TO MY DOGHOUSE
演奏時間4:21
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『THE YELLOW MONKEY』のインディーズ時代を代表する1曲。

『WELCOME TO MY DOGHOUSE』収録アルバム

アルバム名トラック#
Bunched Birth2
イエモン-FAN’S BEST SELECTION-5
THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST5

インディーズアルバム『Bunched Birth』の2曲目に収録。

『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』収録の方は、曲名の末尾に”2013″が付きます。アルバム『Bunched Birth』収録版をリミックスしたものです。聴き比べるとわかりますが、音は全く別物です。

インディーズ時代の荒々しさを楽しみたいならば『Bunched Birth』を、きれいにまとまったものを聴きたければ『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』を選択という感じですね。

※『WELCOME TO MY DOGHOUSE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『WELCOME TO MY DOGHOUSE』、和訳すれば“我が犬小屋へようこそ”ですかね。自虐風の尖った曲名です。

『THE YELLOW MONKEY』らしさがプンプンに漂っていますよね。曲名を見ただけでかっこいい曲であることを期待してしまいます。

そしてそして、その期待を裏切らない妖しいイントロ

まるで映画のオープニングような、この先の展開が気になってしまう、そんなイントロです。

特に、歌謡曲風な香りのするギターのメロディーが印象的です。このメロディーが狂犬の待つ犬小屋へ導いてくれます!

映画のオープニングのようなイントロと書きましたが、曲全体も”静”と”動”を繰り返して進行していきます。

歌詞の内容も相まって、“安堵”と”緊張”が交互に訪れるホラー映画のようです。

ギター、ベース、ドラムが入れ替わりで主張しあうバンドサウンドが楽しめる、『THE YELLOW MONKEY』らしいドラマチックでギラギラしたロックな1曲です!

『WELCOME TO MY DOGHOUSE』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/CREATIVE MASTER

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】B’z/love me, I love you

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LUV U

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/M■STURBATING SMILE

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【個別楽曲レビュー】hide/FLAME

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。