個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/WELCOME TO MY DOGHOUSE

投稿日:2017年4月12日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!!

復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていってほしいです。

一見ふざけているようで、でも実は芯を捉えた歌詞も魅力の一つですね。下手にかっこつけてない言葉だからこそ、胸にとっても響きます。

今回は、『THE YELLOW MONKEY』の個別楽曲、『WELCOME TO MY DOGHOUSE』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

doghouse

『WELCOME TO MY DOGHOUSE』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名WELCOME TO MY DOGHOUSE
演奏時間4:21
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『THE YELLOW MONKEY』のインディーズ時代を代表する1曲。

『WELCOME TO MY DOGHOUSE』収録アルバム

アルバム名トラック#
Bunched Birth2
イエモン-FAN’S BEST SELECTION-5
THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST5

インディーズアルバム『Bunched Birth』の2曲目に収録。

『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』収録の方は、曲名の末尾に”2013″が付きます。アルバム『Bunched Birth』収録版をリミックスしたものです。聴き比べるとわかりますが、音は全く別物です。

インディーズ時代の荒々しさを楽しみたいならば『Bunched Birth』を、きれいにまとまったものを聴きたければ『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』を選択という感じですね。

※『WELCOME TO MY DOGHOUSE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『WELCOME TO MY DOGHOUSE』、和訳すれば“我が犬小屋へようこそ”ですかね。自虐風の尖った曲名です。

『THE YELLOW MONKEY』らしさがプンプンに漂っていますよね。曲名を見ただけでかっこいい曲であることを期待してしまいます。

そしてそして、その期待を裏切らない妖しいイントロ

まるで映画のオープニングような、この先の展開が気になってしまう、そんなイントロです。

特に、歌謡曲風な香りのするギターのメロディーが印象的です。このメロディーが狂犬の待つ犬小屋へ導いてくれます!

映画のオープニングのようなイントロと書きましたが、曲全体も”静”と”動”を繰り返して進行していきます。

歌詞の内容も相まって、“安堵”と”緊張”が交互に訪れるホラー映画のようです。

ギター、ベース、ドラムが入れ替わりで主張しあうバンドサウンドが楽しめる、『THE YELLOW MONKEY』らしいドラマチックでギラギラしたロックな1曲です!

『WELCOME TO MY DOGHOUSE』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/One

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】GLAY/サバイバル

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”と …

【個別楽曲レビュー】hide/FROZEN BUG ’93 (DIGGERS VERSION)

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Es Durのピアノ線

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。