アルバムレビュー

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/Bunched Birth

投稿日:2017年5月22日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっても響きます。ギラギラしたサウンドと相まってクセになる魅力があります!

今回は、『THE YELLOW MONKEY』のインディーズアルバム、『Bunched Birth』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

clown

『Bunched Birth』の全体概要

アーティストTHE YELLOW MONKEY
アルバム名Bunched Birth
発売日1991/7/21
収録曲数7
演奏時間30:22

上記はインディーズ時代の発売日です。2013年12月にリマスター盤が出ています。

演奏時間はトータル30:22です。山手線外回りで東京・代々木間とだいたい同じくらいの時間です。『Bunched Birth』はミニアルバムとは呼ばれていませんが、ボリュームを考えるとミニアルバムと言ってもいいかもしれません。

レビュー

『Bunched Birth』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1BUNCHED BIRTH★★★☆☆3
2WELCOME TO MY DOGHOUSE★★★★★5
3FAIRY LAND★★★☆☆3
4LOVERS ON BACKSTREET★★★★★5
5HANG ONTO YOURSELF★★★☆☆3
6SLEEPLESS IMAGINATION★★★★☆4
7TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)★★★☆☆3

1曲目の『BUNCHED BIRTH』はインスト曲です。

『WELCOME TO MY DOGHOUSE』と『LOVERS ON BACKSTREET』は文句なしでかっこいい!

※『Bunched Birth』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『Bunched Birth』全体の感想

インディーズ盤とあってか、『THE YELLOW MONKEY』のアルバムの中では一番ギラギラしています!

そしてサウンドも言葉も、全体的に夜の香りがプンプン充満しています 笑。

大人になって初めて良さがわかるアルバムですかね。中高生にはちょっと早いかな。サウンドのかっこよさは伝わると思いますが、『Bunched Birth』の持つ夜の香りに包まれた哀愁を魅力と感じのは難しいかと。

偉そうなことを書きましたが、私もそんなに経験豊富なわけではないので、”共感”ではなく、”妄想”という楽しみ方をしています。小説を読むのに近い楽しみ方かもしれません。

個人的な日常では縁の無い、でも、現実にはきっと存在するであろう世界を見せてくれます。

以下、『Bunched Birth』のAmazonリンクです。『Bunched Birth』のジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。

BUNCHED BIRTH (Amazonリンク)

Amazonで試聴できます。

『Bunched Birth』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Tierra

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【アルバムレビュー】ゴールデンボンバー/ゴールデン・アワー〜上半期ベスト2010〜

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。通称”金爆(きんばく)”。 自分たちの好きなことをするため、あえてメジャーデビューを選ばずにインディーズで活動 …

【アルバムレビュー】the brilliant green/the brilliant green

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …

【アルバムレビュー】黒夢/CORKSCREW

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …

【アルバムレビュー】B’z/B’z The Best “Treasure”

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。