個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SLEEPLESS IMAGINATION

投稿日:2017年5月31日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっても響きます。ギラギラしたサウンドと相まってクセになる魅力があります!

今回は、『Bunched Birth』の6曲目、『SLEEPLESS IMAGINATION』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

lips

『SLEEPLESS IMAGINATION』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名SLEEPLESS IMAGINATION
演奏時間4:39
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『SLEEPLESS IMAGINATION』収録アルバム

アルバム名トラック#
Bunched Birth6

インディーズアルバム『Bunched Birth』の6曲目です。

※『SLEEPLESS IMAGINATION』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『SLEEPLESS IMAGINATION』、『Bunched Birth』の中で1番ポップな曲です!

手拍子を交えたリズムとシンプルなギターリフに一種の爽やかさを感じます。ただ、相変わらずの歌詞と吉井和哉の声が隠せない妖しさを醸し出していますね。この妖しさはアルバム『Bunched Birth』を通して感じるブレないポイントでしょうか。

『SLEEPLESS IMAGINATION』はBメロが最もメロディアスな構成になっており、一方でサビは割とシンプルなメロディーになっています。

ただ、サビのシンプルなメロディーに女性の厚いコーラスをつけることで一発で”サビだ!”とわかる印象的な作りになっているのがおもしろく、個性の強い『Bunched Birth』の曲たちの中で『SLEEPLESS IMAGINATION』が埋もれない存在になっているように思います。

そして、このサビ、けっこう病みつきになりますよ 笑。

以下、『Bunched Birth』のAmazonリンクです。『Bunched Birth』のジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。

BUNCHED BIRTH (Amazonリンク)

Amazonで試聴できます。

『SLEEPLESS IMAGINATION』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/TVのシンガー

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/BELIEVE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】hide/ERASE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/ピリオドの雨

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】黒夢/FASTER BEAT

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。