個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)

投稿日:2017年6月1日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっても響きます。ギラギラしたサウンドと相まってクセになる魅力があります!

今回は、『Bunched Birth』の7曲目、『TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

chameleon

『TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)
演奏時間3:44
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

『TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)』収録アルバム

アルバム名トラック#
Bunched Birth7

インディーズアルバム『Bunched Birth』の7曲目。本作『TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)』がアルバム『Bunched Birth』の最終トラックです。

※『TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

悲壮感あふれるピアノのイントロで始まる1曲。

アドリブ風なピアノ演奏の後、相変わらずの妖しげな雰囲気に変わっていきます。曲全体として、ヨーロッパ民族曲に日本の歌謡曲のエッセンスを混ぜたような印象を持ちました。

副題についている”PAPER MOON”は、おそらくアメリカ映画由来かと思われます。

ペーパー・ムーン/Wikipedia

映画を見たことが無いので、この曲とどういう繋がりがあるかわかりませんが…。

アルバム『Bunched Birth』のラストを飾る曲ですが、どことなくオープニングっぽくも感じます。あまり行った記憶はないのですが、サーカスの始まりに流れていてもおかしくなさそうな雰囲気です。

そのためか、『TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)』が終わった後は、もう一周『Bunched Birth』を聴いてみようかなという気になります。

以下、『Bunched Birth』のAmazonリンクです。『Bunched Birth』のジャケットを表示させるとGoogle先生に怒られそうなので、文字リンクの配置とさせてください。

BUNCHED BIRTH (Amazonリンク)

Amazonで試聴できます。

『TEARS OF CHAMELEON (Mr. PAPER MOON)』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】B’z/LADY NAVIGATION

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/EDEN 〜君がいない〜

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/煌めく

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!! ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/the silver shining

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/愛なんていらねいよ

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。