個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】黒夢/Unlearned Man

投稿日:2020年2月13日 更新日:

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。

メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカルの清春とベースの人時の二人で活動していくことになります。2010年の復活後もその体制は変わっていません。

今回は、『黒夢』の楽曲、『Unlearned Man』のレビューです。

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

『Unlearned Man』の全体概要

基本情報

アーティスト黒夢
曲名Unlearned Man
演奏時間3:52
作詞清春
作曲清春
編曲黒夢 & 佐久間正英

初出はアルバム『feminism』の収録。

その後、12thシングル『MARIA』のカップリング曲に”-1998 CRAZY FIRE VERSION-“として再録されました。

『Unlearned Man』収録アルバム

アルバム名トラック#
feminism5
EMI 1994〜1998 BEST OR WORST 【HARD DISK】12
黒夢コンプリート・シングルズ (B-disc)13

アルバム『feminism』の5曲目に収録。

『EMI 1994〜1998 BEST OR WORST』、『黒夢コンプリート・シングルズ』には『MARIA』のカップリング曲となった”-1998 CRAZY FIRE VERSION-“が収録されています。

※『Unlearned Man』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

表拍で淡々と刻むリズムが印象的な1曲、『Unlearned Man』。

『黒夢』の楽曲と言えば裏拍でツタツタやるパターンが多いイメージがあるので、『Unlearned Man』のようなタイプは新鮮な聴き心地がします。アルバム『feminism』で聴ける新境地の一つという感じですね。

一方、12thシングルのカップリングにて再録された”-1998 CRAZY FIRE VERSION-“は原曲で特徴的だった表拍のリズムを完全にぶっ壊し、裏拍のツタツタ系に生まれ変わっています 笑。

原曲の淡々さもいいですが、”-1998 CRAZY FIRE VERSION-“のツタツタ的疾走感も気持ちいいですよね。もともとのメロディーがキャッチーで聴きやすいので、どちらの料理の仕方でもおいしくいただけます。

“-1998 CRAZY FIRE VERSION-“がカップリング曲として収録されている12thシングルですが、実はこれが『黒夢』活動停止前のラストシングルにあたります。

12thシングル制作の時点で活動停止が確定していたのかはわかりませんが、なぜラストシングルのカップリングにわざわざ『Unlearned Man』を選んで再録したのか…それは少々気になるところです。

Amazonで試聴できます。

『Unlearned Man』収録アルバムレビューリンク

※『黒夢』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/黒夢

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/LOVER SOUL

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/神経がワレル暑い夜

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Last love song

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】hide/ERASE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/ハナノユメ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。