個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GLAY/summer FM

投稿日:2018年8月20日 更新日:

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。

デビューから20年以上経つベテランバンドですが、長寿バンドに付きものの”メンバー間の確執”とは無縁なところも、もはや『GLAY』の個性と言えそうです。”平和なロックバンド”というある意味矛盾したフレーズですら納得して飲み込んでしまえる、そんな懐の深さを『GLAY』には感じますよね。

今回は、『GLAY』の個別楽曲、『summer FM』のレビューです。

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

legs

『summer FM』の全体概要

基本情報

アーティストGLAY
曲名summer FM
演奏時間5:11
作詞TAKURO
作曲TAKURO
編曲GLAY& 佐久間正英

17thシングル『ここではない、どこかへ』のカップリング曲。

『summer FM』収録アルバム

アルバム名トラック#
HEAVY GAUGE6
rare collectives vol.2 (Disc-1)6

オリジナルアルバム『HEAVY GAUGE』の6曲目にアルバムバージョンにて収録。

※『summer FM』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

北海道の函館出身だったり、『Winter,again』がヒットしたりといったことが要因でしょうが、『GLAY』って四季で言えば冬のイメージありますよね?

そんな『GLAY』にも、夏の歌、しかも名曲があるんです!

その1曲が本作『summer FM』!

いや、そもそも『GLAY』にはいくつか夏の歌がありまして。シングルで言えば『Yes,Summerdays』とか『STAY TUNED』とか、熱いやつが。

本作『summer FM』は、そんな熱い楽曲とはちょっと毛色の違う夏の歌になっており、そういう意味で個性的な作品です。”熱い”というより”しんみり”“ノスタルジック”という形容詞が似合う楽曲ですね。

そんな『summer FM』、この曲はぜひとも夏休み入りたての頃に聴きたい1曲です。

1番Bメロの「休みはこれからさ」というフレーズ、取り立てて気の利いたフレーズというわけではないんですけど、これの部分がすごく胸に刺さるんですよ。

「休みはこれからさ」なんて、夏休み序盤に感じる全能感を何倍にもしてくれる言葉だと思いません?”まだまだ〇日も休みあるぞ!”って気分になると言いますか。

言葉にするだけで最高の気分になる素敵なフレーズだと思います。

一方で、夏休みの終わりに聴くと…相当気分が滅入ります 笑。ご注意ください。

『summer FM』収録アルバムレビューリンク

※『GLAY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GLAY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/C’est La Vie

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Season

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/Forever Love

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/1999

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】hide/Beauty & Stupid

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。