個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Never Stop!

投稿日:2018年7月12日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

当時のエイベックスはポスト小室哲哉として五十嵐充に期待していた部分があったと思います(おそらく)。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Never Stop!』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

animals

『Never Stop!』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名Never Stop!
演奏時間4:21
作詞持田香織
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

初期『Every Little Thing』には珍しい、持田香織作詞の楽曲。

初の音源化はアルバム『everlasting』ですが、後にリアレンジして『Shapes Of Love』とともに6thシングルとしてリリースされています。

『Never Stop!』収録アルバム

アルバム名トラック#
everlasting10

1stアルバム『everlasting』の10曲目に収録。

※『Never Stop!』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

かわいらしいイントロが印象的な1曲、『Never Stop!』。

かわいらしいと言ってもいろいろありますが、本作『Never Stop!』のイントロは小学生低学年向けアニメの主題歌に使われていても変じゃないくらい無垢なかわいらしさという部類のものになります。

いや、実際そういうアニメのタイアップがついていたわけではないんですけどね。単なる印象の話です。性善説を信じている人ばかりが登場するような、そんなアニメにぴったりのイントロだなと感じるのです。

そんな無垢でまっすぐなイントロゆえに、この楽曲に出会った当時中学生だった私はなかなか素直に受け入れることができなかった思い出があります。

なんだか、聴いてて恥ずかしかったんですよね。中二病真っ盛りでひねくれまくった私には本作『Never Stop!』はまっすぐすぎて直視できなかったのだと思います。

あれから十数年経ち、そこそこ年を取った今は何の抵抗もなく『Never Stop!』のまっすぐなイントロを受け入れられるようになりました。

なんだか心が洗われるような、純粋な気持ちになれる、いいイントロです。

Amazonで試聴できます。

『Never Stop!』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/シャングリラ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/太陽が燃えている

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】ZONE/笑顔日和

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】GLAY/週末のBaby talk

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/gravity

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。