個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Looking Back On Your Love

投稿日:2018年7月11日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

当時のエイベックスはポスト小室哲哉として五十嵐充に期待していた部分があったと思います(おそらく)。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Looking Back On Your Love』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

person

『Looking Back On Your Love』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名Looking Back On Your Love
演奏時間4:59
作詞五十嵐充
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

『Looking Back On Your Love』収録アルバム

アルバム名トラック#
everlasting9

1stアルバム『everlasting』の9曲目に収録。

※『Looking Back On Your Love』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

アルバム『everlasting』の目玉楽曲だと個人的に思っている作品、『Looking Back On Your Love』。

なにってイントロがかっこいいです!

ELTにしては珍しくシリアスな雰囲気のシンセフレーズと、右チャンネルでギュイギュイ鳴るギターの絡み方。これは何度聴いても痺れますね。

本作『Looking Back On Your Love』は90年代のJ-POPですが、シンセの感じは80年代の洋楽的な印象を受けます。例えば『Bon Jovi』とか、『Journey』とか、シンセ音を使ってる80年代アメリカのロックバンドの音を彷彿とさせます。

こちらは『Bon Jovi』の『Runaway』のリンクです。

“シリアスなシンセ音”という意味は、この楽曲のイントロを聴いてもらえればわかると思います。ELTの方はここまでリズムがロック寄りではないですけれども、『Looking Back On Your Love』のイントロと近しい雰囲気を感じます(よね?)。

本作『Looking Back On Your Love』のおもしろいところは、このシリアスイントロがさらに展開してポップなパートへ変貌を遂げるという点です。

イントロの時間は全部で40秒程度とJ-POPの楽曲にしては長めなのですが、かなり楽しめる展開を含んだ40秒に仕上がっています。

本作『Looking Back On Your Love』はシングルカットもされていないしベストアルバムにも収録されていませんが、当時の作曲・編曲を担当していた五十嵐充渾身の1曲だったんじゃないかなと、勝手に推測しています。

Amazonで試聴できます。

『Looking Back On Your Love』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/シャングリラ

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/JESUS

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】黒夢/Miss MOONLIGHT

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ECO=System

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】hide/T.T.GROOVE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。