個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/Blurry Eyes

投稿日:2017年6月9日 更新日:

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』!

かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhydeの美貌によるカリスマ的な影響力もすごいものがありますが。

今回は『Blurry Eyes』の個別楽曲レビューです。

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

cage

『Blurry Eyes』の全体概要

基本情報

アーティストL’Arc〜en〜Ciel
曲名Blurry Eyes
演奏時間4:20
作詞hyde
作曲tetsu
編曲L’Arc〜en〜Ciel

『L’Arc〜en〜Ciel』の記念すべき1stシングル。

『Blurry Eyes』、”ブラーリーアイズ”という発音が日本語的には近いのですが、本作は”ブルーリーアイズ”という呼称が一般的なようです。

“ブルーリーアイズ”という言葉を耳にして、わかさ生活のブルーベリーアイを思い出すのは私だけではないはず…。

悟空の声とともにあのCMの歌が頭をよぎって来る…。ブルベリアイアイ!

なお、1stシングルにしてアニメのタイアップがついていました。

可愛い女の子を描くことで有名な桂正和の”D・N・A² 〜何処かで失くしたあいつのアイツ〜”のオープニングテーマです。

『Blurry Eyes』収録アルバム

アルバム名トラック#
Tierra5
Clicked Singles Best 131
The Best of L’Arc〜en〜Ciel 1994-19982
TWENITY (1991-1996)4
WORLD’S BEST SELECTION4

オリジナルアルバム『Tierra』の5曲目に収録。

その後はベストアルバムの常連とも言えるほど、数々のアルバムに収録されています。

※『Blurry Eyes』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

本作『Blurry Eyes』、のちのV系バンドに多く見られる“鳥かごに閉じ込められた僕”系ソングのはしりと言える1曲ではないでしょうか。鳥かごに閉じ込められた僕は、何もできないままあなたが離れていくのを見つめているのみ…的な世界観を歌ったやつです。

2010年代風に言えば草食系男子な振る舞いですよね。悪く言えば、ナヨナヨしているというか。

しかし、『L’Arc〜en〜Ciel』hyde様の中性的な歌声で仕上げれば、見事なくらいとっても素敵な切ない1曲になります!

そりゃみんな真似するよな、これ。

もちろん、ただしイケメンに限るの注意書き付きです 笑。

ギターがけっこう歪んでいたりして、バンドサウンドが全面的に出ているのですが、聴き心地はけっこうポップです。

コピーバンドで演奏しようとすると、この柔らかな感じを出すのが難しいでしょうね。私が10代の頃、周りでこの曲をコピーするバンドが多かったのですが、けっこう野暮ったい仕上がりになっていましたので。

あと演奏面で言えば、イントロのベースがけっこう好きです。休符を混ぜたこのベースのフレーズを聴いていると勝手に身体が揺れてしまいます。

『L’Arc〜en〜Ciel』、本当に、音楽で世界観を作り上げるセンスの塊ですね…。

Amazonで試聴できます。

『Blurry Eyes』収録アルバムレビューリンク

※『L’Arc〜en〜Ciel』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/L’Arc〜en〜Ciel

-個別楽曲レビュー
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/くじら12号

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/空の青と本当の気持ち

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活したものの、特に目立った活動もなく再休止するバンドもある中、イエモンこと『THE YELLOW MONKEY』は精力的に新 …

【個別楽曲レビュー】ZONE/旅立ち・・・

“バンド”でも”アイドル”でもない“バンドル”という新しいジャンルで活動を始めた4人組グループ『ZONE』。 途中で本当に楽器を …

【個別楽曲レビュー】hide/ピンク スパイダー

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/Newborn Baby

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。