個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/TVのシンガー

投稿日:2017年12月1日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。

テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので、過去の作品を嗜みながら、新作をかじっていくのが、今のイエモンを聴く上での一つのスタイルなんでしょうかね。

今回は、アルバム『SICKS』の4曲目、『TVのシンガー』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

audience

『TVのシンガー』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名TVのシンガー
演奏時間4:22
作詞吉井和哉
作曲菊地英昭
編曲THE YELLOW MONKEY

作曲はギターの菊地英昭が担当。

『TVのシンガー』収録アルバム

アルバム名トラック#
SICKS4
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 1)4

オリジナルアルバム『SICKS』の4曲目に収録。

また、ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』にも収録されています。

※『TVのシンガー』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名通り、『TVのシンガー』を皮肉った1曲。

ロックな曲調に乗せ、最初から最後までズバッと“TVのシンガー”を切り捨てています

この曲を書いた吉井和哉自身だって、『TVのシンガー』だと思うんですけどね。この皮肉に込められた内容は、彼の見た現実なのか、はたまた彼自身のことなのか、その両方なのか…。

アルバム『SICKS』収録曲はその名の通り病んだ曲が多く、この『TVのシンガー』もやはりどこか病んだ感じのする楽曲です。

ただ、他の『SICKS』収録曲に比べれば、”素直な病み方”な気がします。”君の憧れているTVのシンガーなんて、所詮こんなもんだよ”っていう、わかりやすいメッセージが真っすぐ届いてくるからでしょうかね。

イエモンのトリビュートアルバム『THIS IS FOR YOU~THE YELLOW MONKEY TRIBUTE ALBUM』には『9mm parabellum bullet』のカバーが収録されています。

こちらのほうが、より乱暴なアレンジになっています。

好き嫌いはあると思いますが、私は良カバーだという感想を抱きました。

イエモンの原曲もAmazonで試聴できます。

『TVのシンガー』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/Lovers change fighters, cool

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/PHANTOM OF GUILT

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/夢みたあとで

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。 女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。 丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET …

【個別楽曲レビュー】hide/ERASE

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/4000粒の恋の唄

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラした妖しい容姿、歌謡曲風の曲調、核心を突いた歌詞…そのどれもが絶妙なバランスの上に成り立つ唯一無二のバンドです。 一度 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。