個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】相対性理論/バーモント・キッス

投稿日:2017年9月27日 更新日:

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』!

実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。

メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出したりと、割と有名なんじゃないでしょうか。

今回は、『ハイファイ新書』の9曲目『バーモント・キッス』のレビューです。

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

honey

『バーモント・キッス』の全体概要

基本情報

アーティスト相対性理論
曲名バーモント・キッス
演奏時間4:15
作詞真部脩一
作曲真部脩一
編曲?

『バーモント・キッス』収録アルバム

アルバム名トラック#
ハイファイ新書9

『ハイファイ新書』の9曲目に収録されています。本作『バーモント・キッス』が『ハイファイ新書』の最終トラックになります。

※『バーモント・キッス』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

えつこ、「世界征服やめる」ってよ。

ええ、やめるらしいです、「世界征服」。どうやら家事で忙しいのが理由だそうです。毎日の献立を考えるのが特に大変とのこと…。

…本作『バーモント・キッス』、そんな曲です。

さすが『相対性理論』といった世界観ですよね。楽器数少なめ+スローテンポなアレンジも相まって、元々の不思議系おしゃれ感から不思議系成分がより増幅されています

この不思議感、嫌いじゃないんですけど、私はもうちょっとノリのいい曲の方が好みだったりしますねぇ。『バーモント・キッス』が収録されているアルバム『ハイファイ新書』で言えば、やっぱり『四角革命』が最高!

ところで、曲名にある”バーモント”という言葉、日本人ならここから“バーモントカレー”を連想してしまいますよね?

ちなみに、”バーモントカレー”という名前の由来はアメリカの”バーモント州”にあります。このバーモント州に伝わる民間療法に”リンゴ酢とハチミツ”を使ったものがあるそうです。これを応用し、リンゴとハチミツを取り入れて開発したのがこのカレーなので、”バーモントカレー”と名付けられたとのこと。

だからあんなにCMでリンゴとハチミツを押してるんですねぇ。

そう、ハウス食品の洗脳盛んな営業活動により、我々日本人にとって”バーモント”と言えば、どうしても”カレー”を思い浮かべちゃうんですけど、本来は”バーモント”から”リンゴとハチミツ”を連想すべきなんです。

そうすれば、本作『バーモント・キッス』の曲名の意味が見えてくるのではないでしょうか。

『バーモント・キッス』、決して“カレー味のキッス”と言いたい曲じゃないんです。

Amazonで試聴できます。

『バーモント・キッス』収録アルバムレビューリンク

※『相対性理論』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/相対性理論

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/RAINBOW MAN

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/TWICE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】hide/BLUE SKY COMPLEX

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】hide/DOUBT

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Time goes by

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。