個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/創生児

投稿日:2017年12月4日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。

テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので、過去の作品を嗜みながら、新作をかじっていくのが、今のイエモンを聴く上での一つのスタイルなんでしょうかね。

今回は、アルバム『SICKS』の8曲目、『創生児』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

twins

『創生児』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名創生児
演奏時間5:08
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉 & 菊地英昭
編曲THE YELLOW MONKEY

作曲は吉井和哉と菊地英昭による共作。

『創生児』収録アルバム

アルバム名トラック#
SICKS8
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 2)4

オリジナルアルバム『SICKS』の8曲目に収録。

また、ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』にも収録されています。

※『創生児』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“双生児”とかけたと思われる曲名の本作、『創生児』。

“双生児”ということで、兄と弟の兄弟が代わる代わる歌う構成になっています。

兄はちょっと弱気な性格でモラルを大切にしたいタイプ、弟は強気で自分勝手なタイプという色付けがなされているおり、ボーカルは兄も弟も吉井和哉ですが、今どっちが歌っているのかは歌詞でわかるようになっています。

ただ、どちらかと言えば弟の乱暴な口調が普段のイエモンらしいかな。

兄弟の歌い分けですが、例えば、1番は兄、2番は弟、それ以降は1フレーズずつ交互という感じになっています。交互に歌うところは左チャンネルが兄、右チャンネルが弟という役割分担もしっかりなされていますので、イヤホンなりヘッドホンなりで聴くのをオススメします。

特に最後の1フレーズは必聴ですよ!

左右の兄弟が同じメロディーで異なる歌詞を歌うという斬新な試みがなされています。

この兄弟は別々の人間というわけでなく、おそらく一人の人間の中にいる二つの存在なんでしょうね。

“他人の意見を立てるか/自分の意見を押すか”のような、利他的と利己的の狭間で迷う場面は誰にでもあるでしょう。そんなとき、”私の中の創生児兄弟がせめぎ合っているなー”なんて思えるようになったら、人間として一つ大人になれる気がします。

Amazonで試聴できます。

『創生児』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】黒夢/優しい悲劇

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】GLAY/生きてく強さ

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 『GLAY』の商業的全盛期はTAKUROがメインコンポーザーとしてシングルA面楽曲の全てを作詞作曲していましたが、2 …

【個別楽曲レビュー】hide/MISERY

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。 カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして …

【個別楽曲レビュー】MALICE MIZER/ヴェル・エール 〜空白の瞬間の中で〜

今や芸能人格付けチェックの常連というイメージが強い『GACKT』。その『GACKT』が在籍していたバンドが『MALICE MIZER』です。 音楽業界の中でも異端な扱いを受けがちなV系バンドですが、そ …

【個別楽曲レビュー】ゴールデンボンバー/成龙很酷

エアーバンドなる言葉を世に定着させた先駆者『ゴールデンボンバー』。 エアーバンドだけあって、演奏代わりの奇抜なパフォーマンスが目立ちますが、鬼才・鬼龍院翔による独特な視点の楽曲も魅力です。 このまま『 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。