個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/HOTEL宇宙船

投稿日:2017年12月5日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。

テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので、過去の作品を嗜みながら、新作をかじっていくのが、今のイエモンを聴く上での一つのスタイルなんでしょうかね。

今回は、アルバム『SICKS』の9曲目、『HOTEL宇宙船』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

『HOTEL宇宙船』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名HOTEL宇宙船
演奏時間4:44
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉 & 廣瀬洋一
編曲THE YELLOW MONKEY

吉井和哉とベースの廣瀬洋一のコンビが作曲を担当。

『HOTEL宇宙船』収録アルバム

アルバム名トラック#
SICKS9
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 1)9

オリジナルアルバム『SICKS』の9曲目に収録。

また、ベストアルバム『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』にも収録されています。

『SICKS』収録の方は徐々にスローモーションになりながらエンディングを迎えますが、『THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST』の方はフェードアウトで締めるという違いがあります。

※『HOTEL宇宙船』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『THE YELLOW MONKEY』お得意の下ネタ系ソング、『HOTEL宇宙船』。

直接的な下ネタ表現はありませんが、歌詞をなぞれば一夜の出来事を歌っていることはわかること思います。

『SICKS』収録曲の中では、複数のベストアルバムに収録されている『天国旅行』や『花吹雪』が名作扱いかと思いますが、私は本作『HOTEL宇宙船』もこの2作に劣らず好きです。

下ネタソングということで、純粋に”一夜の出来事”を楽しんでいるように聴こえますが、どことなく、乱暴な寂しさを感じます。この感覚が好き。

“お相手”に対して好意も無く乱暴に扱っているように見えるんですが、一方、夜が明けて”お相手”がいなくなることに怯えているような印象を受けるんです。

この乱暴な寂しさを描く表現力こそ、イエモンの真骨頂だと思います。

それを堪能できるのが、本作『HOTEL宇宙船』ではないでしょうか。

Amazonで試聴できます。

『HOTEL宇宙船』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/birth!

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/愛のカケラ

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Balloon Balloon

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】ポケットビスケッツ/青の住人

テレビのバラエティー番組から生まれた音楽ユニット『ポケットビスケッツ』。 メンバーはウッチャンナンチャンの内村光良、千秋、キャイーンのウド鈴木の3人構成。『ポケットビスケッツ』はかなり昔に活動休止して …

【個別楽曲レビュー】黒夢/FASTER BEAT

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。