個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/愛のカケラ

投稿日:2020年3月17日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

初期ELTサウンドを支えた五十嵐充は2000年にELTを脱退。その後、『day after tomorrow』のプロデューサーとして再び活躍を始めます。

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『愛のカケラ』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

『愛のカケラ』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名愛のカケラ
演奏時間4:55
作詞持田香織
作曲多胡邦夫
編曲伊藤一朗 & 桑島幻矢

16thシングル。五十嵐充脱退後の初シングルです(アルバムからのシングルカットを除く)。

『愛のカケラ』収録アルバム

アルバム名トラック#
4 FORCE3
Every Ballad Songs3
Every Best Single 24
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 2)6
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 2)6

4thアルバム『4 FORCE』の3曲目に収録。

※『愛のカケラ』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

これまでELTのメインコンポーザーを務めていた五十嵐充が脱退した後の初新曲が本作『愛のカケラ』。

作詞作曲に五十嵐充が絡んでいない楽曲としては初めてのシングルA面になります。作詞は持田香織、作曲はメンバー外が担当と、現在にも続く楽曲制作スタイルが誕生したタイミングとも言えますね。

バラードベストの『Every Ballad Songs』に収録されている通り、本作『愛のカケラ』はスローテンポなバラードとなっています。

同じELTのバラードでも、五十嵐充時代の『Time goes by』や『Over and Over』なんかと比べると、本作『愛のカケラ』はちょっと地味な聴き心地という感じです。

この地味な聴き心地について、もちろん、『Time goes by』などの方が派手な音色の楽器を使っているという違いもあるのでしょうが、“歌と歌の隙間を埋めるメロディーの豊富さ”というのが大きな違いかなと思います。

なんというか、『Time goes by』や『Over and Over』には、歌以外にも歌えるメロディーがいっぱいある印象なんですよね。そして、その”歌以外にも歌えるメロディー”の有無こそが、楽曲の派手/地味の違いを出している大きな要因なのかなと。

一方、派手な音色やメロディーの豊富さに頼らず、全体の落ち着いた雰囲気で聴かせるのが本作『愛のカケラ』といったところでしょうか。

この”落ち着いた雰囲気”を“味わい深い”と捉えるか“退屈”と捉えるか、それは好みの違いというやつですね。

Amazonで試聴できます。

『愛のカケラ』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/極楽灯

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】B’z/FIREBALL

ボーカルの稲葉浩志とギターの松本孝弘による二人組ロックバンド『B’z』。 『B’z』に言及するからにはやはり避けて通れないのは数々の記録でしょう。その中でも日本におけるアーティ …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/I’M SO SORRY BABY

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/STAY

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/Vanity

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。