個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/紫の空

投稿日:2017年12月2日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。

テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので、過去の作品を嗜みながら、新作をかじっていくのが、今のイエモンを聴く上での一つのスタイルなんでしょうかね。

今回は、アルバム『SICKS』の5曲目、『紫の空』レビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

sunset

『紫の空』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名紫の空
演奏時間5:43
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

“紫”という言葉をロックバンドから聞くと、イギリスの『Deep Purple』というバンドを思い出します。しかし、本作が『Deep Purple』から何か引用しているのか、それとも何も関係がないのか…不明です。

『紫の空』収録アルバム

アルバム名トラック#
SICKS5

アルバム『SICKS』の5曲目に収録。

※『紫の空』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

インディーズアルバムの『Bunched Birth』に収録されていそうな、妖しい香りの漂う1曲、『紫の空』。

とは言え、メジャーデビューから6枚目のアルバム収録曲ということで、『Bunched Birth』に比べると、音も言葉もより洗練されているように感じます。

シングルカットするには大衆性が足りないんでしょうけど、非常に『THE YELLOW MONKEY』らしい楽曲だなって思います。乱暴な言葉に隠された本質的な優しさとか。

こういう、“女が途切れないけど哀しきロックンローラー風な曲”って、イエモンしか書けないですよね。少なくとも、日本のロックバンドでこういう曲が聴けるのはイエモン以外に知らないです。

モテる、モテないで悩んでるって次元じゃない

モテるのは当然で、その次のステップ。そこで発生する悩みや苦悩は、吉井和哉じゃないと説得力を持った歌にならない気がします。

ポップな聴きやすさはないけどイエモンらしさ全開の『紫の空』、このタイプの曲にハマれるかどうかでアルバム『SICKS』が好きになれるかどうかが別れるのではないでしょうか。

もちろん、私は『紫の空』という曲も、『SICKS』というアルバムも好きです!

Amazonで試聴できます。

『紫の空』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/極楽灯

2017年、ブレイク間違いなし(と思っていたけど、あんまりそうでもなかった)バンド、『ポルカドットスティングレイ』!! 影ながら活動を応援していましたが、2017年11月にとうとうメジャーデビューを果 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/BUNCHED BIRTH

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! バンド名からして皮肉たっぷりですが、楽曲もバンド名に負けず劣らずの皮肉な内容が多いです。ただ、しっかり芯を捉えた言葉は胸にとっ …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SO YOUNG

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!! 復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていって …

【個別楽曲レビュー】GLAY/BELOVED

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/ファントム

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。