個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Feel My Heart

投稿日:2018年2月13日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

これが日本人の心に響かないわけがない!

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Feel My Heart』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

shibuya

『Feel My Heart』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名Feel My Heart
演奏時間4:24
作詞五十嵐充
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

記念すべきデビューシングル。

『Every Little Thing』が3人組だった頃、リーダーであり、プロデューサーであり、キーボード担当でもあった五十嵐充による作品。

『Feel My Heart』収録アルバム

アルバム名トラック#
everlasting2
Every Best Single +31
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 1)1
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 1)1

オリジナルアルバム『everlasting』の2曲目に”Album mix”で収録。

※『Feel My Heart』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

1996年にデビューした『Every Little Thing』の1stシングルは、シンセサウンドを前面に押し出した、エイベックスのお届けするダンス系ポップス

“90年代”、”エイベックス”、”ダンス系”というキーワードから連想するのは、やはり小室哲哉ですかね。初期ELTは五十嵐充が作詞作曲編曲を担当していたので、小室ファミリーというわけではありませんが、サウンドはやはり似たものを感じます。

一方で、五十嵐充の作品には90年代前半にJ-POP界を支配したビーイング系の香りもするんですよね。サビのメロディーを元にした口ずさめるイントロだったり、けっこう動き回るギターだったり、ビーイング系のアーティストが得意な手法が初期ELTの楽曲にも感じられます。『ZARD』なんか、聴き心地が近いです。

本作『Feel My Heart』はそんな初期ELTを代表とする、ザ・J-POP感たっぷりな1曲です。

持田香織の歌い方も、今では考えられないくらい“やる気ない歌い方”になっていますが、それがクセになります 笑。

Amazonで試聴できます。

『Feel My Heart』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】Janne Da Arc/child vision 〜絵本の中の綺麗な魔女〜

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/HOTEL宇宙船

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/IN SILENCE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/ICAROSS

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】GLAY/Lovers change fighters, cool

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 シングル、アルバムともにミリオンヒットを連発し、商業的な成功という意味においては、『GLAY』のデビューをプロデュー …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。