個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Future World

投稿日:2018年2月14日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

これが日本人の心に響かないわけがない!

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Future World』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

girl

『Future World』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名Future World
演奏時間4:07
作詞五十嵐充
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

2ndシングル。2000年にELTを脱退した五十嵐充が作詞・作曲・編曲を担当。

『Future World』収録アルバム

アルバム名トラック#
everlasting1
Every Best Single +32
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 1)2
Every Cheering Songs2
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 1)2

オリジナルアルバム『everlasting』の1曲目に収録。

また、ELTの応援ソングを集めたコンセプトベストアルバムなる『Every Cheering Songs』にも収録されています。

※『Future World』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

初期ELTっぽさ全開の1曲、『Future World』。

シンセサウンド8割、バンドサウンド2割くらいのバランスがいかにも90年代J-POPって感じがします。

本作『Future World』もそうですけど、初期ELTの楽曲って、いい意味で軽いんですよね。前向きな歌詞のテーマとカラフルなサウンドが、引っかかりなく右から左に聴き流せるというか。

こういう表現の仕方って、楽曲を貶しているように受け止められるかもしれませんが、決してそんな意図はありません。

シリアスに心をガンガン動かす音楽ももちろん素敵ですけど、サラッと聴き流せる音楽だって、存在価値はあると思うんです。例えば、通勤中の満員電車の中、耳に入る音楽へただ身を任せて心を無にしたいときなんかには、こういう軽いポップスをBGMにするのがちょうどいいなって感じます。

そしてそんな時ほど、”『Future World』のイントロって、けっこうベースが動き回ってるなー”なんて発見して楽しんだりできるんですよね 笑。

Amazonで試聴できます。

『Future World』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Dejavu

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 ヴィジュアル系というジャンルにおけるバンドアンサンブルの方針、特に、ツインギターの絡み方を …

【個別楽曲レビュー】黒夢/心臓

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 1994年のメジャーデビュー後、順調にセールスを伸ばしていた中1999年に無期限の活動停止を発表。そしてその約10年後の2010年、 …

【個別楽曲レビュー】JUDY AND MARY/BLUE TEARS

女性ボーカルに男性楽器隊という編成で平成の日本音楽史に数々のヒットソングを送り込んだバンド『JUDY AND MARY』。 1993年のメジャーデビュー後、6枚のオリジナルアルバムを残して2001年に …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/G.

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 自身主宰のLUNATIC FEST.ではベテランバンドから若手バンドまでを巻き込み、日本の …

【個別楽曲レビュー】黒夢/ROCK ‘N’ ROLL

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。