個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Dear My Friend

投稿日:2018年2月15日 更新日:

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。

特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダンスっぽいサウンドを見事に融合させた、ザ・J-POPでした。

これが日本人の心に響かないわけがない!

今回は、『Every Little Thing』の楽曲、『Dear My Friend』のレビューです。

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

children

『Dear My Friend』の全体概要

基本情報

アーティストEvery Little Thing
曲名Dear My Friend
演奏時間3:49
作詞五十嵐充
作曲五十嵐充
編曲五十嵐充

3rdシングル。2000年に『Every Little Thing』を脱退した五十嵐充が作詞・作曲・編曲を担当。

本作『Dear My Friend』でELTは初のオリコンシングルチャートTOP10に入ることができました。

『Dear My Friend』収録アルバム

アルバム名トラック#
everlasting8
Every Best Single +33
Every Best Single 〜COMPLETE〜 (Disc 1)3
Every Best Single 2 〜MORE COMPLETE〜 (Disc 1)3

オリジナルアルバム『everlasting』の8曲目に”Album Mix”収録。

※『Dear My Friend』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

曲名の『Dear My Friend』、直訳すれば、”親愛なる友達へ”といったところでしょうか。

曲名だけ聞けば、友人に宛てたよくある感謝ソングを連想しそうです。”友達でいてくれてありがと~これからもよろしく~”的な。

しかし、本作『Dear My Friend』、なんと女性から男性へ贈る、ごめんなさいソングになっています。

つまり、”あなたとは恋人になれません。これからも友達でいましょう”と。そんな意味を込めて『Dear My Friend』。いやはや、残酷ですね…。

こんな残酷なメッセージを込めた楽曲ですが、曲調は初期ELTらしく、軽快でポップ。深刻さの欠片もありません。

これがまた”あっさりなごめんね”感を演出しており、お断りされた側としては、”もっと悩んでくれよ”とでも言いたくなる、新鮮な切なさがあります。

結局のところ、本作『Dear My Friend』は”罪悪感なく相手を振る“という、珍しい切り口の楽曲なんです。

そしてこの楽曲、五十嵐充の才能と持田香織の歌声が化学反応したELT屈指の名曲です。

Amazonで試聴できます。

『Dear My Friend』収録アルバムレビューリンク

※『Every Little Thing』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/Every Little Thing

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/What is love

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】黒夢/くちづけ

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 メジャーデビュー時はボーカル、ベース、ギターの3人構成だったのですが途中でギターの臣が脱退。その後はメンバー補充することなくボーカル …

【個別楽曲レビュー】GLAY/口唇

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 デビューが『X JAPAN』のYOSHIKIプロデュースだったこともあり、ヴィジュアル系というカテゴリーに分類される …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/LASTLY

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】X JAPAN/PROLOGUE (〜WORLD ANTHEM)

日本の音楽史を語る上で絶対に外すのことのできないバンド、『X JAPAN』。 YOSHIKI、Toshl、HIDEといったメンバーひとりひとりが持つ物語、バンドが歩んだ歴史、そして多くのロックキッズを …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。