個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】ポルカッドットスティングレイ/少女のつづき

投稿日:2018年5月25日 更新日:

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!!

ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね。

youtubeにアップロードされているMVのサムネが、毎回ボーカル雫の顔面アップな点について、戦略的な何かを感じます 笑。

今回は、『少女のつづき』のレビューです。

※『ポルカドットスティングレイ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポルカドットスティングレイ

girl

『少女のつづき』の全体概要

基本情報

アーティストポルカドットスティングレイ
曲名少女のつづき
演奏時間4:08
作詞
作曲
編曲ポルカドットスティングレイ

“つづき”が漢字ではなく平仮名なのが”少女”っぽいです。

『少女のつづき』収録アルバム

アルバム名トラック#
一大事1

ミニアルバム『一大事』の1曲目。

※『少女のつづき』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“学生の恋愛”をテーマにした1曲、『少女のつづき』。

『ポルカドットスティングレイ』は英語をミックスした大人っぽい詞が多いバンドという印象でしたので、学生目線の本作『少女のつづき』はなかなかに新鮮。

初めて聴いたときは“その路線だと劣化『チャットモンチー』になってしまわない…?”という感想を持ってしまいましたが、聴き慣れてくれば、まぁ、悪くはないです 笑。(『チャットモンチー』は解散しちゃいますし、もしかしたらその席狙っているんですかね??)

それにしても、相変わらずギターがかっこいい楽曲です。

特に何度も出てくるAメロ、ここが毎回違うギターフレーズになっており、楽曲の展開に合わせてテンションが上がっていくのが素敵。

冒頭オープニングのAメロはオープニングらしくコードをじゃらーんと。イントロが終わって展開されるAメロはアルペジオでロマンチックに。そして最後の締め、ここでサビではなく再びAメロが出てくるのですが、これまでと打って変わってギュイギュイの感情爆発フレーズ。最後の最後にとっておきのフレーズを持ってくるところがさすがだなって感じですね。

本作『少女のつづき』が収録されているアルバム『一大事』ですが、このアルバムの目玉楽曲はMVも作られた『ICHIDAIJI』の方でしょうね。

『ICHIDAIJI』の方がサウンド的には新しい『ポルカドットスティングレイ』の一面を見せてくれているので、こちらの方がアルバム『一大事』の顔に相応しいことには同意します。

…ただ、もう好みの問題ですが、本作『少女のつづき』の方が個人的には好きです。

これまでの『ポルカドットスティングレイ』サウンドをしっかり踏襲している『少女のつづき』が私の耳にはしっくり来ました。

Amazonで試聴できます。

『少女のつづき』収録アルバムレビューリンク

※『ポルカドットスティングレイ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポルカドットスティングレイ

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/Breaking The Hide

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! ギラギラとした妖しい雰囲気はそのままに、復活後の彼らの楽曲には溢れんばかりの優しさを感じます。 離れ離れになっていた十数年とい …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Feel My Heart

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/DESIRE

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/Future World

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/There will be love there -愛のある場所-

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二です! そんな『the …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。