アルバムレビュー

【アルバムレビュー】ポルカッドットスティングレイ/一大事

投稿日:2018年5月24日 更新日:

2017年にメジャーデビューを果たしたバンド、『ポルカドットスティングレイ』!!

ボーカルが紅一点の4人組ロックバンドで、有名どころで言えば、あの『JUDY AND MARY』と同じメンバー構成ですね。

youtubeにアップロードされているMVのサムネが、毎回ボーカル雫の顔面アップな点について、戦略的な何かを感じます 笑。

今回は、彼女たちのアルバム『一大事』のレビューです。

※『ポルカドットスティングレイ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポルカドットスティングレイ

suit

『一大事』の全体概要

アーティストポルカドットスティングレイ
アルバム名一大事
発売日2018/5/9
収録曲数6
演奏時間26:51

上記の収録曲数と演奏時間はボーナストラック込みの数字です。

レビュー

『一大事』の収録曲別お気に入り度

各収録曲のお気に入り度はこんな感じです。

#曲名お気に入り度
1少女のつづき★★★★★5
2パンドラボックス★★★★☆4
3リスミー★★★☆☆3
4煌めく★★★★☆4
5ICHIDAIJI★★★★☆4
6半泣き黒猫団のテーマ★★★☆☆3

なんだかんだで『ポルカドットスティングレイ』お得意のギターロック#1 『少女のつづき』が好きです。

なお、#6 『半泣き黒猫団のテーマ』はCDのみのボーナストラックとなっています。

※『一大事』収録曲ごとの個別楽曲レビューもしています。こちらからどうぞ。

『一大事』全体の感想

本作『一大事』、メジャーデビューしたせいか、活動をそれなりに積み重ねてきたせいか、はまたたその両方か、かなりポップになってきたなーという印象を受けました。

楽曲もそうですが、歌詞の方がよりポップになってきたなと感じています。#1 『少女のつづき』なんか、学生の恋愛をテーマにしていますからね。今までとはかなり毛色の違う方向性のように思います。

そういう意味で本作『一大事』は『ポルカドットスティングレイ』の転換期に当たるアルバムになるかもしれませんね。ポップ寄りになったことで、より幅広く羽ばたいていくのか、それとも”なんか違う”と言って今までのファンが離れていくのか…。

私としては、かっこいいギターソングをこれからも作っていただければ、聴き続けたいなと思っています。

Amazonで試聴できます。

『一大事』収録曲の個別楽曲レビューリンク

※『ポルカドットスティングレイ』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/ポルカドットスティングレイ

-アルバムレビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【アルバムレビュー】THE YELLOW MONKEY/THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …

【アルバムレビュー】相対性理論/シンクロニシティーン

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 最初のミニアルバム『シフォン主義』の発表から10年以上が経過した …

【アルバムレビュー】LUNA SEA/SINGLES

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 後世に与えた音楽的影響度もさることながら、ファンのことを“SLAVE&#822 …

【アルバムレビュー】Janne Da Arc/D・N・A

2019年、突如解散を発表した『Janne Da Arc』。 キーボードを絡めたカラフルな音色、個々の卓越した演奏技術による派手なサウンド、そしてキャッチーなメロディーラインが魅力的な楽曲をいくつも生 …

【アルバムレビュー】黒夢/CORKSCREW

ボーカルとベースの二人組という珍しい組み合わせのバンド、『黒夢』。 ヴィジュアル系にカテゴライズされるイメージがありますが、その音楽性はアルバムをリリースする度にガラッと変わっており、一つのジャンルで …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。