個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/SUCK OF LIFE

投稿日:2017年4月20日 更新日:

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!!

流行りに左右されない、媚びないロックサウンドが大好きです!!

復活してからも、変わらずにギラギラした妖しいロックを奏でていってほしいです。

一見ふざけているようで、でも実は芯を捉えた歌詞も魅力の一つですね。下手にかっこつけてない言葉だからこそ、胸にとっても響きます。

今回は、『THE YELLOW MONKEY』の個別楽曲、『SUCK OF LIFE』のレビューです。

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

muscle

『SUCK OF LIFE』の全体概要

基本情報

アーティストTHE YELLOW MONKEY
曲名SUCK OF LIFE
演奏時間5:39
作詞吉井和哉
作曲吉井和哉
編曲THE YELLOW MONKEY

2ndシングル『アバンギャルドで行こうよ』のカップリング曲。

『SUCK OF LIFE』収録アルバム

アルバム名トラック#
EXPERIENCE MOVIE11
TRIAD YEARS THE VERY BEST OF THE YELLOW MONKEY (act I)12
THE YELLOW MONKEY MOTHER OF ALL THE BEST (Disc 2)10
イエモン-FAN’S BEST SELECTION-13
THE YELLOW MONKEY IS HERE. NEW BEST13

カップリング曲ながら、メジャー2ndオリジナルアルバムの『EXPERIENCE MOVIE』に1度、ベストアルバムには複数回収録されています。

『イエモン-FAN’S BEST SELECTION-』の楽曲投票では堂々の第4位でした。

※『SUCK OF LIFE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

『SUCK OF LIFE』は男性同士の同性愛を歌った曲です。

同性愛、現実にはなかなか叶わないケースが多い恋愛のため、これをテーマにすると悲しい歌が多いように思いますが、『SUCK OF LIFE』はもっとはっちゃけた同性愛の歌です。

ライブでも盛り上がる、テンポのいい楽曲になっています。

なんといっても、歌詞がいいですよね。男性同士の同性愛を歌っているためか、女性を目の敵にしたようなフレーズがおもしろいです。

特にCメロの歌詞が特にお気に入りです!こんな形の女性のこき下ろし方、今まであったでしょうか!笑

しかし、このCメロで最も傷ついているのは「君の彼」の方でしょう。「ゲイ」だの「デブ」だのと流れ弾が被弾しまくっています。

本作『SUCK OF LIFE』、はっちゃけた同性愛の楽曲だとは言え、結末はやはりハッピーエンドとはいかないみたいです。

鏡に「I LOVE YOU」と「口紅で」書いてあるのは、おしゃれな幕の閉じ方ですけども。

Amazonで試聴できます。

『SUCK OF LIFE』収録アルバムレビューリンク

※『THE YELLOW MONKEY』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/THE YELLOW MONKEY

-個別楽曲レビュー
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】GLAY/RAIN

90年代後半、音楽業界の様々な記録を塗り替えていったモンスターバンド『GLAY』。 同郷の友人で組んだバンドが天下を取るという、少年漫画もびっくりの熱いストーリーも『GLAY』の魅力の一つです。青春を …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/STONE BUTTERFLY

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 大人の魅力を増して帰ってきてくれましたね! これから出す新曲やアルバムがどんなものになるのか楽しみです。年齢的な深みが増すこと …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/脳内モルヒネ

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンドで知的で過激。当時の10代リスナーはある種の選民思想を抱きながら『PIERROT』の …

【個別楽曲レビュー】Every Little Thing/No limit

J-POPのお手本のような楽曲を連発したユニット、『Every Little Thing』。 特に90年代後半の五十嵐充プロデュース時代の楽曲は、ビーイング系のバンドっぽいサウンドと小室ファミリーのダ …

【個別楽曲レビュー】the brilliant green/You & I

『the brilliant green』はもっと評価されるべき!! UKロック風のバンドサウンドとアンニュイなのにメルヘン感のある川瀬智子のボーカルの絶妙な組み合わせは唯一無二! 解散したわけではな …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。