個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】hide/HONEY BLADE

投稿日:

伝説のミュージシャン…その言葉が最も似合う日本人は、やはり『hide』ではないでしょうか。

カリスマバンド『X JAPAN』のギタリストというポジション、トレードマークの赤髪、ズバ抜けたセンス、そして若くして迎えてしまった死…。

『hide』を聴いたことがある人なら、おそらく誰しも思ったんじゃないでしょうか、”今も生きてたら、どんなことして楽しませてくれてたんだろう”って。

今回は、個別楽曲『HONEY BLADE』のレビューです。

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

『HONEY BLADE』の全体概要

基本情報

アーティストhide
曲名HONEY BLADE
演奏時間4:33
作詞hide
作曲hide
編曲hide

『HONEY BLADE』収録アルバム

アルバム名トラック#
HIDE YOUR FACE14
We Love hide 〜The Best in The World〜 (DISC 2)3

オリジナルアルバム『HIDE YOUR FACE』の14曲目に収録。

※『HONEY BLADE』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

イントロなしでAメロから始まる本作『HONEY BLADE』。

イントロのない楽曲は多々ありますが、『hide』の楽曲でこの構成が採用されているのは珍しい印象です。パッと思いつくのは7thシングルの『GOOD BYE』くらいでしょうか。

イントロのないところが特徴的な本作『HONEY BLADE』ですが、なんとBメロも存在していません

なので、Aメロで始まって(=歌が始まって)すぐに最初のサビに到達してしまいます。楽曲のおいしい部分を早急に提供してくれるという意味では、忙しい現代人にはありがたい仕様ですね 笑。

しかも、1番のサビが終わった後、大して焦らすことなく2番へ移ります。もちろん2番もBメロがありませんので、やっぱりすぐサビがやってきます。いやはや、この点を見ても実に忙しい向けの仕様になっています 笑。

本作『HONEY BLADE』、歌モノとしてかなり聴きやすい楽曲ですので、アルバムの前半に配置して序盤のテンションを上げる役目も担えそうに思えますが、『HIDE YOUR FACE』ではなんと終盤の終盤、14曲目に収録されています。

私だけかもしれませんが、アルバム『HIDE YOUR FACE』を聴いていて『HONEY BLADE』が流れてくると“ここまで聴いてくれてありがとう。1曲聴きやすいやつプレゼントしとくね。”なんて言われているような気分になります。

Amazonで試聴できます。

『HONEY BLADE』収録アルバムレビューリンク

※『hide』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/hide

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/パンチドランカー

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! シングルのリリースはあったものの、2018年7月現在、未だに復活後のオリジナルアルバムが発表されていません(*)。過去の名盤た …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/FOLLOWER

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】相対性理論/テレ東

2000年代後半、一部の世間をざわつかせた(?)不思議系おしゃれバンド『相対性理論』! 実験的な言葉選びとアレンジが非常に個性的です。 メンバーの中ではボーカルの「やくしまるえつこ」がソロでも曲を出し …

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MAGNET HOLIC

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 アンダーグラウンド界のカリスマボーカル”キリト”と、奇天烈なサウンドで世界観に …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/HOTEL宇宙船

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! 復活後も精力的に新作を発表してくれるのがとても嬉しいです。 テレビなんかでは、過去の名作を披露してくれることが時々ありますので …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。