個別楽曲レビュー

【個別楽曲レビュー】GARNET CROW/Last love song

投稿日:2017年8月26日 更新日:

2013年、惜しまれながらも解散した『GARNET CROW』。

女性のボーカルとキーボード、男性のギターとキーボードという4人構成で活動していました。

丁寧に作りこまれたポップソングが『GARNET CROW』の魅力です。世間的には地味なイメージを持たれてそうですが、楽曲はとても味わい深くて、飽きずに長くお付き合いできますよ。

今回は、アルバム『SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜』の6曲目、『Last love song』のレビューです。

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

living-room

『Last love song』の全体概要

基本情報

アーティストGARNET CROW
曲名Last love song
演奏時間3:27
作詞AZUKI七
作曲中村由利
編曲古井弘人

7thシングル。

『Last love song』収録アルバム

アルバム名トラック#
SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜6
Best (Disc 1)10
THE BEST History of GARNET CROW at the crest… (Disc 1)7
THE ONE 〜ALL SINGLES BEST〜 (Disc 1)7
GARNET CROW REQUEST BEST (DISC 2)16

オリジナルアルバム『SPARKLE 〜筋書き通りのスカイブルー〜』の6曲目に収録。

他にも様々なベストアルバムに収録されています。

※『Last love song』が収録されているアルバムのレビューもしています。こちらからどうぞ。

レビュー

“ソファー”をキーワードに物語を描いた1曲、『Last love song』。

同棲の始まりを歌った楽曲でしょうかね。海外から取り寄せた「シングルのソファー」が同棲用の部屋にたどり着いたというシーンを歌った曲のように思えます。

このソファーに二人で座りながら、祈りを捧げる…。私の読み取りが正しければ、なかなか新しい視点のラブソングではないでしょうか。

ソファーに焦点を当てて曲の物語を構成するという視点も『GARNET CROW』らしいのですが、後半に登場する“まだ見ぬ終わり”に対して思いを馳せるところもまた、『GARNET CROW』らしさを感じます。

“まだ見ぬ終わり”を思い、今感じている喜びを100%全力で味わいきれていない様子を表現しているように思います。

そこが本作『Last love song』の切ないポイントですかね。

『夢みたあとで』などに比べると地味な印象のある1曲ですが、『GARNET CROW』らしさが詰まったラブソングという意味では、一聴の価値ありです。

『Last love song』収録アルバムレビューリンク

※『GARNET CROW』に関するその他のアルバム/個別楽曲レビューはこちらからどうぞ: アーティスト索引/GARNET CROW

-個別楽曲レビュー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

【個別楽曲レビュー】PIERROT/MASS GAME

宗教的なカリスマ性と中毒性のある歌詞・サウンドで多大な信者を生み出したバンド『PIERROT』。 このバンドが活躍していた90年代後半から00年代前半頃はまだ”中二病”という言 …

【個別楽曲レビュー】チャットモンチー/親知らず

キラキラしたかわいい女の子ではなく(失礼)、もっと素の女の子をシンプルなバンドサウンドで表現してきた『チャットモンチー』! 気づけば、数多く存在する部活動的雰囲気を持った現代ガールズバンドの元祖とも言 …

【個別楽曲レビュー】LUNA SEA/Rejuvenescence

2000年に終幕をし、長らく伝説のバンドとなっていましたが、2010年に活動を再開した『LUNA SEA』。 90年代後半はソロで大成したRYUICHIこと『河村隆一』のインパクトが良くも悪くもバンド …

【個別楽曲レビュー】L’Arc〜en〜Ciel/finale

日本を代表する説明不要のロックバンド、『L’Arc〜en〜Ciel』! かっこいい楽曲に加え、時々垣間見られるちょっとした遊び心が長い人気の秘訣ではないでしょうか。もちろん、ボーカルhyd …

【個別楽曲レビュー】THE YELLOW MONKEY/不愉快な6番街へ(Unpleasant 6th Avenue)

2016年、申年に復活を遂げた『THE YELLOW MONKEY』!! このバンドを紹介する際、当たり前のように『THE YELLOW MONKEY』と打ち込んでいるわけですが、よく考えるとこの言葉 …


執筆者:キャスター
中高生の頃、中古のCD屋巡りばっかりやってました。そんなアラサー会社員キャスターによる音楽レビューブログ。 昔趣味で曲作りをやっていたので、音楽制作者に敬意を払って1曲1曲丁寧に記事を書いていきます。